アニマルに囲まれる街〜海辺の街・アリカ〜

こんにちは〜。


リアルではメキシコシティ。

昨日はメキシコの国民的格闘技(?)、「ルチャ・リブレ(自由の闘い)」見に行きました。

ルチャ・リブレ?それはなんぞや?と思われるでしょうが、プロレスです。

ボリビアのラパスで見たおばプロ(おばさんプロレス)に近い茶番劇(おい!)

なのかなーと思いきや、レスラーの繰り出す技はかなり本格的だし、

ラウンドガールのプリプリのケツは女子の私らですら釘付けになるほどで(笑)

しかも最初「日本人レスラーもたまに出るらしいよ」と言ってたら本当に途中から

日本人レスラーのOKUMURAさんも出て来て私を含む日本人旅行者4人大興奮でした。

こんな遠く離れたメキシコで頑張る日本人、応援したくなるわあ〜〜〜。


さて続き。


チリのアタカマ滞在を経て、カラマという場所を経由し、

ペルーの国境に近い街・アリカに向かいます。


私だけ宿でルートに悩んでいたら違うチケットになってしまったので

一人違うバスでカラマ〜アリカへ。


アタカマを出るのは夜なのでそれまで宿でねこちゃんにシーチキン買って来てあげたり、

大盤振る舞いです(無駄遣い!)

アタカマ発のバスはやはりちょこちょこ遅れ、

19:40〜アタカマ出発。

21:30〜カラマ到着。

さらにバスを乗り換えて22:00頃アリカ行きのバスに乗車。


道中は、チリ人バックパッカー女子二人が親切にバスを教えてくれたり、

バスの中では隣に座ったペルー人青年アバックくんがスマフォの翻訳機を使って

スペイン語から日本語に言いたい事を訳してくれたのですが

それがまたトンチンカンチンな訳で、面白いやらありがたいやら。

今まで翻訳機使って会話してくれた人いないわ〜、新しいわ〜と思ってたら

彼は大学でメカの勉強をしているそうで。

なんだか妙に納得....


いちいち何かあるごとに「昔に比べてホント便利な時代になったなー」と

思ってしまいます。

昔、って対してそんな昔でもないんですが、今の状況は私が旅を始めた時より

格段に便利になってますからね。

時代の流れの速さ、現代人の便利に対するどん欲さには舌を巻きます。

そのかわり深夜特急で描かれてるような時代に対する憧れもなきにしもあらずなんですが....

う〜ん、わがままだ、わがまま。


話が逸れましたが、朝6:00、海辺の街アリカに到着しました。

皆がまだ到着しないのでバスターミナルでしばし睡眠。

結局8:40まで眠りこけ、皆来ないなーそろそろ移動するかと思ったところで

皆のバスが到着。

聞くと、待てども待てどもバスがこなくて、乗客とバススタッフの間で揉め、

すごい大変だったようです....。でも無事到着出来てよかった!


ひとまず夜のペルー・プーノ行きのチケットをカウンターで取り、市内観光に行く事に。


実は私、数日前からじわじわ悩んでいました。

今後のルートをどう進むかと言う事に加え、

更に皆とどこまで旅出来るか・しようか、と言う事も。

こうして皆と旅出来る事は(一人でいるよりは)安心・安全が

保証されてる上孤独を感じることもなく、何が問題なんだと言われそうなんですが、

こうして皆といることはなんか違うな、という感じがしていました。


元々一人旅だったし、一人旅の何がいいって「全て自分の思い通りに進められる」

ということです。

そして私が欲しかったのはスペイン語や英語が言葉が完璧に出来なくても、

自分自身でチケットを取って移動したり、自分の力で解決策を考えて行動し、

そしてそれが解決した時に得られる達成感だったり満足感だったり、

そんなものだったはずです。

(別に孤独が好きな訳ではなく、自分自身で考えて行動する行為が大切だと考えてます)


でも今の自分はそれが出来てない。.....

周りの皆に頼り切って、自分では何もしないで、やってくれる人に任せてしまっている。

ということも薄々自覚しており、さらに自分のルートがいまいち決まりきらないせいで

流れるままになっていることにも危機感を覚えていました。

(ちなみに全部自分の意思の弱さが原因です)


「これは自分の旅じゃないなあ。旅してる意味あるのかな。」


皆といて楽しいし、好きだし、会えて嬉しかったし、きっとこれも旅なんだろうけど

私自身はやはり、一人旅がしたい。(今の時点では)

そろそろ一人に戻る時だな、と感じてました。


モヤモヤと頭に抱えたままアリカの市内観光へ。


タクシーで漁港へ。

セビッチェ(魚の切り身に玉ねぎや香草を加え、ライムやお酢で味付けをしたもの)を

売るお店。一つ1000チリペソ(約200円弱位?)。


新鮮お魚ー!


虎視眈々と狙うねこちゃんたち。かわええなおい


海側へ出てみると、ゆりねえ!屋根の上になんかいますよ!


ぎゃーーーーー!!屋根の上にいるのは多数のペリカンーーー!!!!


海を見ると、うじゃらうじゃらとアシカ?たちが。

なんでかっというと漁師が捨てた魚の骨とか臓物を狙ってるようなのです。

どうしてこんな動物園みたいな......

人間と動物の支え合い。


漁港には沢山の船が。


ペリカンやアシカに加え、ねこちゃんも大集合。皆よっといでー!!


朝ご飯を食べてなかったので、魚メインのワンプレートに舌づつみ。

このテーブルの下にも可愛いねこちゃんがうじゃらうじゃらといて、

食事どころじゃありません。(行儀悪い!)


食事の後は遊覧船の勧誘を受け乗る事に。40分で2000ペソ。(380円位かな)

目印の浮き?に乗っかるアシカさんたち。

ひょいっと浮きに乗る瞬間。

奴らは濡れると黒、乾くと茶色になります。(なんの情報?)


遊覧船に乗ってる時ゆらゆら、ゆらゆらと気持ち良くて少しうたたね。

そのあとは市内をぶらつき、カテドラルまで。


アリカのカテドラル。可愛い。


そして私だけアリカ要塞に登ってみたかったので自由行動。

(皆その後マックへ行ったらしい)

アリカ要塞は下から見るとこんなんです。


さて登りますよ〜。

おっと、キリスト教の祭壇(?)


爽やかな海風が向かい風となって前に進むのを邪魔しますが、

ゼーゼー息を切らしながら頂上を目指します。

途中すれ違う人達と挨拶を交わしながら、でも15分ほどで登れました。

あれ、もっとかかると思った。

上にはけっこう人がいて、アリカの街が見渡せるこの場所で憩っておりました。


上はこんなんなってます。


カメラを更に右へ


さらに右へ。アリカの街が見渡せます〜。


さらに移動してパシャリ。

海っていいね〜。地元が海に面した街のせいか、妙に落ち着きます。


上まで行くと、ブラジルのコルコバードの丘みたいな像がありました。

ここの頂上にはなんかの記念館というか資料館みたいのがあるようでしたが、

ベンチでうたたねして下へ戻りました。

は〜、きもちいー。


そしてまた漁港に戻り、セビッチェ食べて

(本日二つ目!今まで標高の高いところにいた反動?)皆と合流し、バスでペルーへ!!


バスターミナルからチリ側イミグレへ向かいます。

何故かまだ時間あるのにドライバーさんにすごい急かされ、

慌てながらチリペソを使い切るはめに.....


バスターミナル〜ペルー側のイミグレまで約30分程。ここでパスポートチェック。

チリを出国したのち、また車で移動。今度はペルー側イミグレへ。

ペルーに何日滞在するかなどの質問を受け、

荷物チェックを受けてまた車で移動(40分ほど)

(ここで時計を17:0015:00へ戻します。ややこしや!)


無事ペルー入国!!

道路を走っていると可愛い「Peru」の赤いロゴが目に飛び込んでくるので、

ここはペルーなんだ、と少しずつ実感が湧いて来ます。


そしてタクナのバスターミナル付近に下ろして貰い、

ペルーのプーノに向かう為のバス待ち。

ペルーに向かうにあたり、ペルーソルを手に入れようとターミナル付近を

ウロウロしていたのですが埒があかないので通行人の女の子に聞くと

親切に案内してくれた上

「お金下ろすところをスリが見てることがあるから十分に気をつけて!」

「ムーチョムーチョ(すごいすごい)」を連呼していたのでよほど危ないのでしょう.....

結局お金は下ろせず、ドルを両替しました。


でもバスターミナルでよーこと二人でいると(他の三人は食事に行っていたタイミング)

一人の男がふらりと近づいて来て最初スペイン語で話しかけてきて、

「わからない」というと急に英語でしゃべり出し

「僕はアルゼンチン人なんだが、旅先で所持金を全て盗られてしまって.....

いくらでもいいのでお金を貸してくれないか」

とのこと。


よーこと「なにその何の工夫もない騙し行為はっ?!誰も騙されねー!」

と目を合わせます。

「いやちょっと無理....警察行きなよ」

というと自称アルゼンチン人の彼は少し渋りましたが、

これ以上は無駄だと思ったのか結局またどこかへ行ってしまいました。

いや、ほんとに無くしたんなら警察行こうよ。

てかほんとに無くしたorこれが嘘でも、もっと頭ひねろうよ。


これから入国するペルーの治安を少し不安に感じたタクナでした.....


ペルー・プーノに向かうバスは20:30頃到着。

そして翌日5:00頃無事プーノに到着〜。


次からペルー編です!!


チリ・アタカマ砂漠抜けツアー(三日目)

こんにちは〜。

リアルではメキシコシティ。有名な日本人宿ペンションアミーゴに居ます。
コンロが5つもある台所を見て自炊熱が燃え上がり、
今までの料理が出来なかった鬱憤を晴らすがごとく毎日なにかしら作ってます。
最近シェア飯が行われてなかったようなので丁度いいとばかりに
周りを巻き込んで夜は旅行者で食卓を囲む日々。
でもやっぱり皆と食べると美味しいね〜。
さっきは日本食材を扱う会社に勤めているアミーゴ住人に
醤油1リットルをオーダーしてしまった....でも多分使うだろう。多分。

さてチリ・アタカマ砂漠抜けツアーの続き。最終日(三日目)です。


この日は朝5時からエドウィンくん(ガイド)のドアを叩く音で目覚めました。
でも昨日の夜の電球トラブルで電気が点かないので真っ暗な中、出発の準備。
(忘れ物しないように細心の注意を払いつつ!)

食卓に用意されたホットケーキにバターを塗りたくり、口に放り込み5:20には出発!
外に出て空を見上げると迫り来るような無数の星!!
いつも南米の空には驚かされます。

暗い道路を若者らしい無鉄砲さでエンジンふかしまくるエドウィンくん。
ほんとにやめてくれ。
そしてまずは間欠泉へ。

幻想的。

辺り一面イオウの匂い。箱根だね〜。
ちなみに私は小学校の頃覚えた「箱根八里」一番をよどみなく歌えます。(どうでもいい)

煙にまみれるしぎさん。
穴がぼこぼこ空いてて、その中には熱湯が流れてます。火傷するな、確実に。

だんだん明るくなって来ました。

間欠泉の次は、近くの温泉へ!
ちなみにここ、着替え小屋を使用すると2ボリ取られるようです。(浸かるだけなら無料)

私たちは足だけ浸かることに。
きっ........気持ちええぇ〜〜〜〜〜〜〜〜〜
身体から力が抜けてくようです。

無理矢理ジーパンたくしあげてます。

他はコリアンの旅行者が沢山温泉に入ってました。(しかも入り方雑。静かに入れ〜)
ヨーロピアンはお湯に浸かる文化がないせいか、いちいち「キャー」とか「わー」
とか騒いでて見ていて面白かったです。
あ〜日本人で良かったな。お風呂(温泉)文化ってなんていいんでしょう。

ちなみに出るとめっちゃ寒いのでちゃんと身体拭かないと風邪ひきまっせ。

そして更に車で進むと

荒涼とした大地。どこまで続くの?これは。

もうボリビア出国のボーダーまであと少し。ここで皆で記念撮影。

あっ、最後のラグーン。

ちょっとお疲れのヨンヨン。
ぽつりと一言「.......全部同じに見える........」
禁句だろ、それは。ヨンヨン。

あ、これナショナルパークの事務所です(たしか)
絵が可愛いと思って撮ったんだった。

9:00頃〜
そしてボリビア側のイミグレに到着。
ここでボリビアを出国し、チリに入国します。
しばしの別れ。さよならボリビア〜。
(何故かパスポートチェックの時に15ボリ取られたが.....
前にいたよーこは取られてなかった.....賄賂?審査官の気まぐれ?)

ここでガイドのエドウィンくんともお別れ。(最後のチップを渡しました)
出国の手続きを終え、チリ側ボーダーに行く為の白バンを待ちます。
乗り込むと、入国の紙を渡されて、
「ここから時差が一時間あるから時計を一時間進めてね〜」などの注意を受けます。

一時間かけてチリのイミグレへ。
途中道路脇にドンキー(ロバ)みたいのが寝てました.....。初めて見た。

そしてチリの入国審査を経てチリ入国〜〜〜〜!
先ほどのバンに乗り、アタカマの街中まで。
チリ側イミグレ〜町中まで数十分なのがびっくりでした。

と、都会!!
びびったまま手分けして安宿を探します。
でも全然見つからない!
そりゃそうだ、ツアーの客が皆この街に流れてこんでるんだから。
でもじりじり汗をかきながらなんとか少し街外れの宿を見つけました。
ふう〜〜。

ヨーロピアン受けするおしゃれなお店が多いというか、
ボリビアと全然雰囲気が違います〜。
なによりあったかいのが、良い!!!
国境隔てるとこんなに違うもの!?
(まあボリビアは特に標高が高いから寒くなりがちですね....)

目を惹くお土産屋等もいくつか。

ひとまずツアーを終えて一安心の一行。

凝った内装のブティック。

宿のねこちゃん。そして対峙する小鳥。後ろ姿可愛い。

もいっちょねこたん。膝に乗って来てくれる可愛い奴。

チリのアタカマに着いてからはしばしの休息。
二日ほど皆でアタカマに滞在し、何をするわけでもなく宿で自炊したり。
アタカマ滞在中に、ツアーで一緒だったヨンヨンと偶然再会したのですが
この街のアイス屋さんの「アイス5ドル」にびびりまくってました。
ボリビアから来るとチリって物価がやたら高く感じます。
アルゼンチンからならそうは感じないかもしれないけどね......。

自炊飯。しぎさん特製カルボナーラ。

アタカマ砂漠抜けツアーに参加して思ったのは、
「オンシーズンならもっと鮮やかな自然の色が楽しめたのかも...!」という感想。
でも未だ見た事のない複雑な色の山々やカラーインクで描いたようなラグーンの色、
ピンクのフラミンゴ、抜けるような青い空、
それらを皆と一緒に見られたことは本当にいい経験でした。
世界はまだまだ未体験の色で溢れているんだなあと。

私たちはボリビア〜チリへ抜けましたが車に乗り、ボリビアへまた戻ることも可能です。
ちなみに2014年2月頃の参加費は
108USD+ナショナルパークの入場料150ボリ(約2220円)です。
興味のある方は是非参加してみてくださいねー。
(私たちはボリビアのウユニのアベニーダ(宿)の道路挟んで向かいの
「BLUE LINE SERVICE」というツアー会社で予約しました。ご参考までに!)

チリで休息したあとは、ペルーを目指します。
ペルーと言えばマチュピチュ!待ってろマチュピチュ〜〜〜。

チリ・アタカマ砂漠抜けツアー(一日目〜二日目)

こんにちは〜。
リアルではメキシコ。
前回のブログアップしていたのがブラジルだったぽいんですが、
そのあとベネズエラ、コロンビア(そこでカメラひったくられる)、そしてキューバ。
キューバでは、二週間全くインターネットという文化に触れることが出来ませんでした。
ネットカフェあるけど、使える時間は短いし、高いしで。無理して使うこともないかなと。

さて何事もなかったかのように続き〜。

チリ・アタカマ砂漠抜けツアー(一日目)の続きです。前回→

ウユニに引き続き、一度街へ戻りましたが次は車に乗り、どんどこ移動していきます。

しかしここでトラブルが。

ゆり姉さんが車の窓を下まで全開にしたら閉まらなくなってしまい、

ドライバーが直そうとしても難しく、

ひとまずこのまま今日の宿泊施設まで行く事になったんですが....!


途中、「ピカッ!」て効果音が見えるんじゃないかって位ものすごい雷雨に襲われ、

風と雨がビャービャーー吹き込んできて、姉さん傘をさして応戦!!!

さわこさん大爆笑してるし(笑)

でもこの暴風雨、実際凄い寒かったです。笑 傘無かったら死んでました。


私はこの時高山病?の軽い症状なのか

頭ガンガン痛くて姉さんにバファリン貰って飲んでました。


こないだウユニのピザ屋で、アルゼンチン〜ボリビアの列車で一緒だった

ブラジル人学生グループ(5、6名)と話したのですが、

彼らもアタカマツアーに参加したもののカップルの女性の方が高山病で

げーげー吐いてしまいダウン、それ以上先に進めず帰って来たのだとか。

病院に行き、帰って来たその女性は顔がげっそりしてて見てられませんでした....

そんな姿見てたらますます気をつけなきゃってなりますわな。

自分だけだったらいいけど、高山病でダウンしてメンバー巻き込んで帰るって....

(ですが本当に高山病は深刻な場合もあるので(酷い場合は死に至ることも)

無理は禁物です!)

ダイアモックス(高山病の薬)は必須ですよ。


雨の中辿り着いたのは、山間にある小さな宿泊施設。皆一安心です。

寝室はベッド詰め込みました!て感じの寝室に今夜は一泊。

ちなみにトイレは便座無しでした。

もれなくエア(空気椅子)でトイレしろって事ですよねー。ねー。

暖かいコーヒーとクラッカーを出してくれました。しばし休息。

まだ雨が降っているものの、今回のドライバーを勤めてくれてるエドウィン(24歳)が

窓を直してくれてました。でも一筋縄じゃ行かないようです....;

彼はボリビア人にしては珍しく動きが速い、よく働くいい青年でした。



夜ご飯はリャマ肉?とジャガイモスープ、焼いたジャガイモ、

揚げたジャガイモとトマト........って見事にジャガイモだらけーー!!


ボリビアは標高が高すぎて作物が採れないけど、

そんな土地でもジャガイモなら育つんだそう。

その結果ジャガイモの品種が豊富になったんだとか。

ちなみにリャマ肉はなかなか歯で食いちぎれない代物でした。老リャマなのかな。


夕飯前の時間に私たちと同じようなツアーで来ているであろう

チリ、ドイツ人のグループも集まり賑やかに。皆違うテーブルで夕ご飯。

だけどメニューが微妙に違うのはツアー代金が違うからか??


この日はいくらか払えばホットシャワーが浴びられるとのことでしたが

寒すぎたので顔だけ洗っておやすみー。

明日も移動・観光の日です。


翌日もアタカマ砂漠抜けツアー(二日目)です。


皆寝てるのでちょろっと宿泊施設の近所をお散歩。

建物周辺でちょっと迷いかけました。

同じく散歩していたドイツ人のヨハネス君が助けてくれました。あぶねがっだー


建物から少し外れるとこんな感じです。なにもない。


宿に戻ります。爽やかな朝の光。


さて食事を済ませ、施設をあとにして、今日も車を走らせます。

朝の話題は「ここのトイレは便座がないから力めない」という話でした。そうだよなー。


ここからは荒野&ラグーン祭なので、その写真ばっかりです。


天気は良好。からっとあったかい、でも長袖でちょうどいいくらい。


イーグルロックだかそんな名前で呼ばれてる岩。

たしかに羽を広げてるように見える。


さらに走ると、アルパカ(リャマ?)の群れ。

いまいちアルパカとリャマの区別がつかず。

シュッとしてカッコいいのがリャマで、

ふんわりとして可愛いのがアルパカという認識で間違いないでしょうか?


頭に雲乗っけたお山。


さらにこんな危ういバランスの岩も。

これもなんか名前付いてたな


どこまでも続くこんな風景


標高高く上って行くと、あっ、ラグーンだ!


フラミンゴいますよー。

オンシーズンはもっと多いんだそう。


複雑な色をした山だなあと。


寺山修司の世界観にありそうな所に来ました。


寺山修司、大好きです。

青森まで、大学の友達と恐山&寺山修司記念館に行ったのはいい思い出。


ヨンヨン


ちょっと一休みするメンバー。

車で運んで貰うのは楽ちんなのですが、意外と上り下りが疲れます。


世界の果てってこんな感じ?(右にいるのは私)


岩も積みたくなるよね〜〜(誤って崩してる人いた)


更にラグーン!!


おおお、奇麗ー!!


さてここでお待ちかねの昼食。

相も変わらず、マヨネーズとケチャップかけときゃどうにかなる感じの食事。


ここではロックツリーを見学。あ、ほんとだ。樹だ!


さらにラグーン・ラグーン・ラグーン。

多分ここほんとは奇麗なコーラルピンクなんだと思います。多分。


フラミンゴ発見。びっしり居るときはすごいらしい。

霧がかかって、風が強くなって参りました。


カラフルな皆の後ろ姿


そろそろ疲労してきた頃、今日の宿泊施設へ。

するとなにやらこちらに向けられる四つの可愛いお目目......

あっ、あなたたちは!!


アルパカさんではないですか!!ぐぐうお口かわええええ

静かにアルカイックスマイルをたたえてらっしゃいます。か、可愛いな.....

ちょっと耳がドキンちゃんみたいです。


部屋でぐったりする皆....


昨日と同様、ふるまわれるお茶とクッキー。


さらに、夕食。奥の椅子がやたら低くて、皆食べにくそう。


夕食はスープとパスタでしたが、

次に出てくるのはパスタと知った瞬間のヨンヨンの喜び方は

思わずガタッと立ち上がってしまう程でしたが

パスタを口にいれた時の落胆ぷりといったらもはやギャグでした....

チーズがしょっぱくて、トマトソースは特筆していうべきこともなく、麺もふにゃふにゃ。

まあそんなもんです。


この日は夜電球が切れてしまい、それを交換して貰おうとしたのですが

色々やって貰ったけど電気は点かず.....

寒いし暗いしで諦めて寝ました。でも星はめちゃくちゃ奇麗だったなー。


さらに次はチリ・アタカマ砂漠抜けツアー(三日目)に続きます。


1

selected entries

categories

archives

recent comment

  • トゥールスレン虐殺博物館に行く
    SMOKE
  • シンガポール→マレーシア 高速豪華バスレポート
    宮内一郎
  • 走った!アンコールワットマラソン!
    情熱大育
  • チリ・アタカマ砂漠抜けツアー(三日目)
    Ryu
  • アニマルに囲まれる街〜海辺の街・アリカ〜
    るい
  • シンガポール→マレーシア 高速豪華バスレポート
    おばた
  • ゴールデン・ロックへの道〜前編〜
    ウチヤマ
  • ゴールデン・ロックへの道〜前編〜
    cmano8
  • ゴールデン・ロックへの道〜前編〜
    ウチヤマ
  • ゴールデン・ロックへの道〜後編〜
    ウチヤマ

profile

     

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM