旅人バザール in 亀時間

こんにちは〜。

先月11/4に「亀時間@旅人バザール」に参加させて頂きました。
開催場所は、ゲストハウス亀時間さん。
主催は著書「中南米スイッチ」「インドホリック」で有名な旅音さん。

先日の「インドの食と土釜のひと夜。VOL.2のチャイワラ参加もそうですが、
最近亀時間さんにお声をかけて頂くことが多く、嬉しい限りです。
本当にありがたいことです。

「インドの食と土釜のひと夜。VOL.2」参加時のブログはこちら

突然ですが、このイベントの為に本を書きました。
内容としては、2012年11/1〜2013年5/19まで行っていた
アジア旅を簡単にまとめたダイジェスト版というところでしょうか。
24ページの薄い本ですが、怒濤の吉祥寺バイトと重なっていた為
ヒイヒイ言いながら、睡眠時間削りながら描きました。
そのかいあってか、予定通りにきちんと入稿できましたが。
無事完成してよかったあ〜

旅人バザールに出店するため、旅で見つけて持ち帰ったり、
はるばる海を越えて船便で届いたものを整理していると
私の大好きなムングダル(豆を揚げたお菓子)が。
これ好きすぎて、インドでは1日1ムングダルと決めて食べてたなあ。
にしてもこら太るわ〜〜。でもスープの浮き実にしたり、使えるんだよね。
あと下のは安定のParle-G。(スタンダードなクッキー)
インドではどこでも売ってる変わらない味。
日本でいったらビスコみたいなものでしょうか。
子供の顔のパッケージがインド顔で可愛いですね。

インドってほんとお菓子美味しいよね〜〜〜。

さて、バザール当日。
前日にバックパックに荷物を詰めて亀時間さんに置いてもらってましたが、
更にもろもろ担いでチャリでよろよろと亀時間へ。

ちなみにこのイベント、毎年開始前に人が並ぶほどの大人気イベントなんだそうです。
私は準備に時間がかかり、他のブースも回れないまま
(他の方は開始前に覗きに来て下さった)開始時間の12:30になり....

なんとか完成した私のブース。
なんと場所は二段ベッドの下です。粋です。

売り物としては、左側にあるのは今迄出した自作本と、新刊。
あとはベトナムの古切手、楽器、タイのシール、布、インドのアクセサリー、布、
ムンバイで買った多種多様なレターセット、
スリランカのスパイス、各国のタイパンツ、トルコ珈琲いれる鍋やら
スパイス挽きやらミャンマーのTシャツ、布。あとカンボジアのTシャツ。
色んな物をこれでもかと並べました。笑
自作本からスパイスまで。
もはや旅の行商人の様相。

始まるとすぐに沢山のお客さんが。

手前のブースはイラストレーターBoojilさんの似顔絵コーナー。

亀時間さんはカフェもオープン。
世界各国のビールも呑めるし、賑わってます〜。

外はこんな感じ。タルチョが旅の雰囲気を盛り上げてますねー。


どのブースも楽しそうです。

15時頃、大学仲間のノダ(左)とやっちゃん(右)が来てくれました。
しかも右のやっちゃんに至っては風邪気味なのにわざわざ都内から....。
マスクがでかすぎて完全に不審者です(可愛いのに)←おい!

さらに中学時代の友達オスカル(あだ名・右)も来てくれました。
この日けっこう昔の同級生が来てくれて、地元力を感じました(なんだそれ?)
インドのレターセットをじっくり吟味する三人。

あっという間に終了の時間になり、撤収〜!
ちなみにこれはベッドの下から撮影したところ。
片付けはというと、友達が手伝ってくれて多分参加者の中では一番に終わりました。
皆優秀なんだから!!!(感動)


そして出店者さん達の打ち上げ。

テーブルを囲んで、かんぱ〜い。

珍しいお料理が。
パンと、フムス(ひよこ豆のペースト。トルコでは前菜に出て来たりも)と、
コロッケみたいな揚げ物と、これまた珍しい野菜で作ったタジン鍋煮込み。
名前は完全に失念しましたが(おーーいっ)
ひとつひとつとても丁寧に作られた味がして、全て美味しく頂きました。


ワンプレートに盛ったところ。

この日は雨も降ったものの、開始時間から終わり迄大盛況のイベントだったかと。
皆が楽しみにしてる恒例イベントなんだなあというのをひしひし感じました。

旅が好きな人って、たとえ今は旅してなかったり、旅をしていたのが何年も前だとしても、
旅好きの方って旅の空気触れたくなるというか、やっぱり「旅」が好きなんだなあと。
(それは何歳になっても)
旅の気配に触れたい大人達が沢山会場にいらしていた気がします。

当日は私も有り難いことに来場者の方々とお話できて、
多いに刺激を頂き楽しい時間を過ごさせて貰いました。

余談ですが今日のイチオシ商品は面白イラストのミャンマーTシャツだったのですが、
夕方頃完売しました(笑)ありがとうございます。
あのインパクト強すぎの面白Tシャツ、着て下さると嬉しいなー。

当日の更に詳しい様子は旅音さんのブログの記事にてアップされてます〜。
(私はなんやかんやでiPhoneでしか写真数枚しか撮れなかったのでありがたいです...)

次回は来場者として伺いたいと思います!

うちのブースに寄って下さった皆様、旅音さん(寸前まで色々とご迷惑おかけしました)
亀時間のマサさん、スタッフさん、顔見せてくれた&手伝ってくれた友達みんな、
同じく参加された出店者の皆様、
ありがとうございましたー!

酔いどれの長い長い一日(2)

酔いどれの長い長い一日(1)からのつづき。


そしてフェリー乗り場に到着してからがまたバタバタ。

鎌倉のゲストハウス亀時間でのイベントにチャイワーラー(チャイを入れる人)

として参加するので、開始時間の一時間前の16時にはなにがなんでも間に合いたい...

ですが、すでにここを出た時点で15:30、回ってます。

む、無理やん。物理的に無理。

なので到着時間を17時にロックオン。(バカーっ!)

せめてそれまでには....それまでには亀時間に到着したい!!


とにかく久里浜駅まで戻らねば。

フェリー乗り場からはなぜか京急久里浜駅までしかバスが出ていません。

苦渋の決断ですが、またタクりました(おーい!)

背に腹はかえられぬー!!もうここはお金で時間を、買うよー!!


タクシーの運転手さんに時間がないんで、久里浜駅まで急いで下さい!という旨を

伝えたにも関わらず、間違えて京急久里浜駅に連れて行かれそうになり、

寸前で気付きなんとか電車が出発する2分前に久里浜駅に到着。

JR久里浜駅」って言わなきゃいけなかったね....ね?

でも言ったよね?言ったよね、私?


それから25分ほどかけて横須賀線で鎌倉駅に到着。

汗を滝のように流しながらジャカジャカとチャリンコこいで一度家に戻り、

なんとか材木座の亀時間へ。


17時すぎに亀時間に到着したら、あ、あれ?

バラッツさんも今来たとかいうし、まだ大丈夫そうでした....あー、よかった。

あ、インドだからか。今日はここにインドの時間が流れてるからか。

じゃあ3時間位遅れても大丈夫だったね、うんうん(ダメだろ)


亀時間イベント開始くらい。

第一回目と違ってしっとりとした感じではなく、結構開始時間から賑わっています。

右に座ってるのは美しいヨガ仲間のまりこさん。


と、ここでイベントの簡単な紹介。


今回のイベントは「インドの食と土釜のひと夜。VOL.2」と名付けられたイベント。

くわしくは→こちら

カレーライターのはぴいさん、盛りつけデザイナーの飯野さん、

移動チャイ屋で東京カレー番長のバラッツさんのお三方の食のユニット「chawal

(ヒンディー語で「ごはん」の意味)主催のイベントです。


そこに普段からお三方とちょいちょい親交のある私にありがたいことにお声がかかり、

チャイワラとしてJoinさせて頂いた形です。


はぴいさんとはスリランカでお会いしたし、飯野さんは地元が鎌倉の方で

バラッツさんも家が近所だし、なんか色々共通点?があるんですよねー。


タイパンツをはいてチャイを売る私。(撮影して貰いました)

急いだせいでピアスも忘れたし、髪の毛もボサボサです。(いつもか)


段々混んで来ましたよー。てんてこまいです。


マサラワーラーの武田さんから受け継いだチャイサーバー。

ちなみにタミル語をぺらぺら話す武田さんいわく、

チャイワーラー(チャイ=お茶、ワラ=野郎)は直訳すると?チャイ野郎という

意味になっちゃうので女性になると「チャイワーリー」になるんだそうです。


今回カレーを提供したバラッツさん。

私よりいっこ年下なのにこの落ち着き様。まさにバラッツワールド。


ちなみにこれは縁側から。

お客さんがわいわいしてるところ〜。


外観。涼しくなってきていい感じ。


途中、カレーが二種類売り切れて新しいカレーを製作中。

緑のパンジャビードレスがお似合いの飯野さん。


たまねぎ切って炒めるぜ


チャイいれつつ私も少々お手伝い。

せわしなく動き回る飯野さんとバラッツさんのお二人。


かき氷も売ってます。最後には売り切れてました;


料理するお二人。

ちなみにはぴいさんは外でタンドリー釜でタンドリチキン制作してましたが

あまりに盛況で、途中で売り切れて燃え尽きてました。

あれ、熱いもんなあああ


野菜カレー。


そろそろ会も終盤になったところでchawalのお三方によるインドについて、

とインドの食トーク。


みんなビール片手に。


このあとは9時すぎた位でゆるやかに終了〜〜。

お客さん方もゆっくり帰られて、それと同時にお片づけ。


終わって一息、のマサさん。とロミさん。

お二人の働きっぷりまさに神のようだった。


アイさんと飯野さん。


あ、はぴいさんの写真がない。


なんだか始終バタついてしまった感じもするけど、いや〜、面白かったです。

ちょっと打ち合わせと報連相が足りなかった気もしますが。

あと、嬉しいことに大盛況だったので後半食べ物も不足気味になってしまったのが....

うーん、惜しかったですねー。


二日酔いでかつ二日分位の用事を詰め込んだバカな私の長い長い一日でした。

もうこれからはそんなこと無いようにしよう....ううーー。


でも、これだけは言える。

「楽しく、充実した素晴らしい一日でした」。

旅仲間の皆、みさきさん、マサさん、chawalのお三方、ありがとうございました。



酔いどれの長い長い一日(1)

こんにちは〜。


ブログの時間が空いてしまいすみません;

8月ほんとにあっという間で時間の感覚が怪しいです。


最近家が少々落ち着いた(ってこともないんですけど、正直;)

家からチャリで7分のとこにある市営プールで受付のバイトを始めたウチヤマです。

いや〜、きついですけど皆優しいし爽やか&親切なので頑張れますね....。


先日、バカかって位予定を詰め込んだエキサイティングな一日があったので

ここに記録として記しておきます。

(写真多めなのでさらーっと読んで下さい...。

読んだ後の「くだらねっ」という感想は受け付けません...


まず82日(金曜日)

夜から高円寺のCafeBar Smile Earthにて旅人再会呑み会を主催してきました。

(ベトナムで会ったKさんと、

インドのリシケシで会ったここのカフェの店員さんHちゃんと)


高円寺の古着屋さんや雑貨屋さんを通り抜けてくとあります、CafeBar Smile Earth

声をかけたのが直前にも関わらず計8人集まりました!

ベトナムで会ったKさんとかは二年ちょいぶりとかでしたねー。

他の方はインドのバラナシだったり、南インドのカニャークマリだったり、

タージマハルで有名なアーグラーだったり。

当たり前ですが声かけたのが私だったので私つながりの友達ばかり集まってくれて!


会った場所はバラバラなのにこうして日本で再会できるってのがなんだか変な感じだし、

でも集まったら集まったでこうして皆垣根なくわいわい出来ることに幸せを感じます。

ほんといつも思うけど、旅はいい出会いをもたらしてくれるなあ...。

嬉しいなあ。感謝です。

まーとにかくこの日は呑みすぎまして、テキーラのクエルボのゴールドを

大量に体内にいれた結果、29歳にして初めて呑んで吐きました。

えろろろーー

いや、ふつーそういうのは大学のときに体験しとくもんだろうよ....ダメ人間。


酒は強い方なのでいつもは大丈夫なのですが疲れが溜まってたのがいけなかったか....

(自分ではかなり分解能力が高いと思ってるのですが....


この日参加された皆様大変失礼致しました..。。。 

そして皆でインドのバラナシで会ったT先輩のとこに転がり込み、

朝まで雑魚寝させて貰いました。


そして83日(土曜日)


早朝、T先輩に挨拶をして、Aちゃんと電車に乗り帰ったのですが、

ほんとは一時間半で帰れるところを電車乗り換えたら寝てしまい、

ぐるぐるぐるぐるしてたら三時間半位経過してて狐につままれた気分になりました....


アクエリアス飲んだらまた吐きそうになったのですが

目の前に部活動スタイルの初々しい高校生らがいたので、

思わず「今ここで吐いたら彼女らの心に深いトラウマを、のこ、す...!」

と思いとどまりどうにかこうにか耐えました。

あー、危なかった(ほんとすいませんねこんな日記で)


でも電車に乗って寝てるうちになんだかすっきりしてきたので帰宅。

この日は他にも約束があったので風呂に入り、空腹なのになんか食べると吐きそうなので

ひとまず家の冷蔵庫にあったカマボコを食べてH.P回復。


完全に約束には間に合わないけどいってきまーす。フラフラのまま出発。

頭に「テキーラ」って単語を思い浮かべるだけで吐ける.......と

超無駄なイマジネーション力を発揮。


目的地は金谷の【KANAYA BASE】

旅仲間で、アクティブ女子みさきさんが誘ってくれました。

みさきさんのページ。応援!→【Mental Design MISAKI TANAKA RAGKUMARI】


鎌倉から久里浜まで横須賀線で向い、そこからフェリーです。

でもフェリーがほぼ一時間に一本なので電車の到着時間を考えつつ移動しなければ!!!

駅からフェリー乗り場までちょっと距離あるんだよね〜〜。


久里浜駅に着いたらフェリーの時間まで20分もない位。

バスは出てないし、でもここまで着たら絶対に行きたいのでもうタクりました。

お、大人だよね〜〜!稼いでないくせに、タクシーだからね!!

そんなこんなでなんとかフェリーには乗れました。

やっほーーフェリーだよ!片道700yen。
往復で買えば若干安いです。1280yenだったかな。

あたいはこれからどこへいこうとしてるのか?(おい)
ここから40分の船旅です。

昔はよく両親が佐渡とかに連れてってくれたものです。それを思い出すなあ。
あの時は船内に泊まりだったけど。
台風にぶつかっちゃって、ぐわんぐわん揺れる船内で平気な顔してラーメン食べて、
ビデオ借りて手塚治虫のユニコ観たなー。
なんで昔の私あんなに三半規管強かったんだろ。

充実のお土産コーナー。海軍カレーも網羅。

洗面台など

値段が少々高めなのも愛おしい

コンビニ的な。揚げ物とか売ってますが今の私には嘔吐誘発剤でしかありません。

せっかくなのでアイス買うも3分の2しか食べられず。

この古めかしいセンスの船内でしばしぐったり、ウトウト。

窓際を陣取り飲み物と食べ物を楽しむ人も。


あっという間に40分のわくわくクルーズは終了。
金谷とうちゃ〜〜〜く。

急いでお土産コーナーを横切り(琵琶ゼリーとかピーナツのお土産とか売ってた)
灼熱の太陽の下へ。

ローカル感溢れる魚屋さん。

全身に潮の香りを乗せた熱風を感じながら、
フェリーの乗り場の整理をしている人に道を聞き、歩き出します。

あんまり詳細を知らずに来ただけに、
カポーンと突き抜けるように晴れた空の下に立っていると
急になんだか夢の世界に降り立ってしまったような気がします。
さっきまで久里浜にいたのにな.....。

いったい、ここはどこなんだ。....(だから金谷だって。)


遠くになんだか切り立った崖(秘境的スポット)みたいのが見える。
みさきさん曰く、あそこでライブとかも出来るとな。

あっ、あったこれだ!あそこが【KANAYA BASE】

ここは街の中心にあった10年間放置されていた旧ホテル&フラワーハウスを改装し、
活動の場を求めているアーティストや、
二拠点生活を試みたいクリエイターたちのシェアアトリエ&coworkingスペース
”KANAYA BASE”に生まれ変わらせ、”まちおこしの拠点”にしようー
というコンセプトで存在している建物のようです。
詳しくはここをご覧下さい→【KANAYA BASE】

着いたらみさきさんが丁度窓から顔を出してるところに会えました!
そして中を案内して貰うことに。

中に入りました。案内図。

受付でまた別の友達の友達まりちゃんと再会したり(笑)
うーむ、つながってるなー。

中へ。


今日は一周年とのことで、いくつものワークショップが行われていました。
キャンドル、ミニテーブル、アクセサリー作りなどなど。

ライブが出来る場所もあり。

図書館のない金谷に本のある場所を、と作られた本棚。
大きいキャンドルも可愛い。

左がみさきさん。フットワーク軽いし、コミュニケーション能力高いし、
色んな分野で一生懸命頑張る女の子です。

金谷ベースの二階の廊下。

ところどころに絵など。

キャンドル。

ほんとに目の前が海!!

窓から下を覗けば、テラスでゆったりする人々が。

ガラス張りの開放感ある階段。

無造作におかれた切り株も素敵な存在感。

白砂利が敷き詰められたオシャレな踊り場。

ちらしなども。

そして改めて外観。

家具屋さん。

おっここは。

部屋をひとつ借りて自由に改装することが出来るそうです。

ハンモックいいなー。

なんだこのオシャレな空間はー!!
部屋の中に庭があるみたいです。

机の上に置かれたものもカワイイ。

おおっ多肉植物。

かわいいー。ひとつ300yen〜でした。
ああ....買えばよかった。

ここで外に御飯を食べに行こうということに。

おすすめのお店を教えて貰い歩いてると、

なんだか趣のある旧家屋が。
看板を見ると「合掌館」と書かれています。

頂いた名刺からサイトを見つけました。→「cafe edomons」

どうやらカフェのようです。
敷地内にお邪魔すると、立派な樹もあるし

強く差し込む日差しが夢のなかのよう。

かき氷、やってます。

トトロの家みたいだー。

中にはいると。
おおお.....なんだここは。

「古き良き」という枕詞がつきそうなものたちが畳の上でひっそりと佇んでいます。
(大きめの二体の日本人形は私もみさきさんもちょっとギョッとしました)

ここではアイスコーヒーを。(800yen)
お醤油のいれものみたいのにコーヒーが入っており、
コーヒーで出来た氷に注いで頂きます。

コーヒーだけどお菓子みたい。
冷たいコーヒーが身体にしみ込む〜〜。

ふーー、しばしゆったり。
去年タイで出会ったきりのみさきさんと近況報告しあったり。
なんか去年より人間としての幅が広がったような気がするみさきさん。
一生懸命頑張ってるんだろうなあ。

レトロで雰囲気たっぷりの入り口。(ここでお金を払います)
一眼レフ持ってくりゃよかった...私ってやつは。

さーーーてーーーここでタイムオーーバーーー!!
フェリーの時間が迫ってます!
みさきさんに別れを告げ、フェリー乗り場へ!
あたいのバカ!!!!一時間しかいられなかったーーーーっ!

金谷ベース、またきます!
みさきさん、誘ってくれて本当にありがとう!!

なんとか走ってフェリー乗車。

勢いでフェリーの上迄登ってみたり。
椅子と机があるよー。

さーて、出発。ここからまた40分かけて久里浜方面まで帰ります。

(長くなりすぎてしまった....。)

御神輿担ぎ in 汐入

こんにちは〜。

帰国したら何しよう?
まず日本食食べるでしょー、温かいお風呂に浸かるでしょー、友達に会うでしょー、
........ん?......何か忘れてる!
............神輿だー!!!!

ということで先日の6/8、横須賀にほど近い汐入にて御神輿を担いできました!

フェイスブックでの招待をくれていたのは御神輿仲間の彩子さん、
いつも神輿に誘ってくれる神輿のプロフェッショナルのぶやさんだったのですが
今回衣装やら着替える場所やら全てコーディネートしてくれたのは
のぶやさんの中学の友達の、のあくん。

まあ当日の朝から早速遅刻したんですけど.....担いできましたよ!!
(最低。駅迄迎えに来てくれた彩子さんほんとにすみません;)
がっつり担ぐというよりは撮影班の腕章貰ってカメラ構えて走り回って来たんですけどね。

という訳で当日撮った写真の一部をどうぞ!
(かーなーり削りました)

開始はほんとに朝早くから。汐入駅から徒歩10〜15分ほどの神社から出発。

皆すでに盛り上がってます!(おなじみのぶやさん。相変らず力強い)

近所の男の子。
のあくんに「担いでる様子とか、汐入の老人会の方々とか、なにげない表情とか
そういうの出来るだけ撮って!」と言われたので沢山撮るようにしました。

神輿休憩。いっぷく。

一息。

皆を見守るたぬきー。

大声張り上げてた気合い漲るおじさん。

左、旅仲間のたけこ。右、神輿仲間の彩子さん。
彩子さん去年の冬は神輿担ぎの機会が少なくて「私、冬なにしよ?!」って
なっちゃったそうな。笑どんだけ御神輿好きなんだ。笑

彩子さんは法被がどんどん様になってるし、かけ声も間の手も前よりすごく自然に
出せるようになってて関心しちゃいました。
ちなみに彩子さん、明日は簿記の試験なんだそーで。笑
でも夜の御神輿まで担いで帰ったそう。さすがです。

「させーっ!」
神輿を持ち上げます。

けっこう今日は暑い!
ちょいちょい休憩が入り、その度におにぎりやサンドイッチ、
冷やしキュウリにコロッケ、午後にはアイスキャンディ、
その他ビールや焼酎や麦茶が振る舞われます。
焼酎濃かった〜〜。

おじさん、いい顔だなあ〜!

衣装似合うぜおじさん!!

今回本当に色々お世話してくれたコーディネーターののあくん(左)。
イベント運営とかしているとのこと、さすが段取りし慣れてる!

宮入り。神社に御神輿を収めます。

神社に怒濤が響く。汗、熱気、叫び声、かけ声、もみくちゃ。

彩子さん。がんばれー!!

初期の椎名林檎ばり

熱気MAX!

あたりに響き渡る拍子木の音の気持ちいいこと!

それを見つめる老人会の方々。

一度神輿を置いてから、三本締め、お神酒が配られ、
そしてまた神輿を持ち上げます。

ここでお昼休憩。お昼御飯は美味しいカレー&サラダでした。
福神漬け美味しくてやたらボリボリ食べてしまいましたわ。
いやー、沢山ごちそうになっちゃった....。

昼はうとうとしたり、とりあえず一休み。

そして午後から再開!

のぶやさん。どっから撮ってもかっこいいってどーいうこと??

はちまきの結び方が間違ってたたけこ。
神輿プロフェッショナルののぶやさんに直して貰ってます。

......言って良いですか.......

たけこかわええええええええええええええええええ
(え?変態?)

さらにさらに神輿は続きます。

台湾に帰っちゃうセイさん(先週の送別会でお別れかと思いきや!)。
最後に担ぎたかったんだって!

途中から外人さんも飛び入り参加。
神輿は基本誰でも担げるけど、この汐入の御神輿はたすきがないと
担げない決まりでした。

上からも。

途中獅子舞が!見事な舞を披露。
でも驚くべきことに中に入っていたのは少年でした!!すごいなー!

獅子舞に続き現れたひょっとこを見つめる花笠ガールズ。
ビビットな色の華の飾りが可愛いね。

さてさて続く神輿!
女の子の「さー!」というかけ声があたりの空気を一気に華やかにします。
彩子さんの表情、最高!心から楽しんでるのが伝わってくるなあ。

のぶやさんのかっこいい後ろ姿!

楽しそうだな〜〜〜!!!

女の子達も背が届かないながら担ぎます!

西陽を浴びながら!

そして夕暮れ。町内会本部(?)に戻ります。ここで宮入り〜。
何度かやり直しをして、終了!

なんだかんだあっという間に終わっちゃった御神輿。
皆様、お疲れさまでした〜〜!!!

朝から夕方まで担いで、夜の神輿もあったそうなんですが
私たちは用事もありで途中でおいとましました。

汐入での御神輿は初めてでしたが、こじんまりとしているけれど
それが逆にアットホームな感じがして良かった!と個人的には思います。
最初「毎年人集めに苦労してる」と聞いたものの御神輿自体
すごく勢いもあったし、子供神輿も出ていたし、獅子舞やひょっとこの舞も見られて
「やっぱり神輿(日本の文化)はいいなー!」と再認識できました。

御神輿の現場に漂うプラスのパワーに満ちあふれた空気に触れると、
また担がずにはいられなくなります。笑

マイ足袋(約2000円)もとうとう買っちゃったしな〜、またどっか行きたいな。笑
(いつも貸して貰ってました。のぶやさんありがと)

撮影も沢山させて貰ってありがたい一日でした!
ありがとうございました。


1

selected entries

categories

archives

recent comment

  • トゥールスレン虐殺博物館に行く
    SMOKE
  • シンガポール→マレーシア 高速豪華バスレポート
    宮内一郎
  • 走った!アンコールワットマラソン!
    情熱大育
  • チリ・アタカマ砂漠抜けツアー(三日目)
    Ryu
  • アニマルに囲まれる街〜海辺の街・アリカ〜
    るい
  • シンガポール→マレーシア 高速豪華バスレポート
    おばた
  • ゴールデン・ロックへの道〜前編〜
    ウチヤマ
  • ゴールデン・ロックへの道〜前編〜
    cmano8
  • ゴールデン・ロックへの道〜前編〜
    ウチヤマ
  • ゴールデン・ロックへの道〜後編〜
    ウチヤマ

profile

     

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM