シンガポール→マレーシア 高速豪華バスレポート

こんにちは〜。

先日シンガポールからマレーシアまで高速バスを利用して行ってみました。

出発日の前日だったのですが普通にチケット(約3200円)取れましたねー。

バスで国境越えってドキドキしちゃうよね。
まあ未だになんでも国境越えはドキドキしますが....。
別になんも悪い事するつもりないけど
「(入国カードも満足に書けないあたいを)よく通過させたな...!」って
思いますもん。(そ、それは....)

とにかく国境越えです。

出発はシンガポールのMRTのラベンダー駅。(昨日チケットを取ったのもここ)
出発場所はチケットオフィスから五分のターミナル。

あまりに遠かったらタクシー使おうと思ってシンガポールドルを取っておいたのですが、
地図見たら行けそうだったので歩きました。
肩ぶっち切れそうになりながら....
五分歩いて、もう、汗みどろ。(荷物減らせよ....)

さて着いた。
バックパックをしょってねー、歩道橋が一番辛いよねー、
ほんとバックパッカーって体力ないと出来ませんわ、と何度も思ってますこの旅で。笑
普段会社員してて15キロの荷物持つことってそうそうないですよね。
ないよ、ないない!!
15キロってなんだよ、赤子かよ....!
(ハアハア...とか言っておいて、赤子って何キロなの?...)

タイにありそうなお祈りの台。朝からお祈りしてました。

さあちょっと早く着き過ぎたので肉まんでも食べよう。
(と余ったドルで購入)

あ、バス来たよ。
さて荷物を預けて、二階席に、乗り.....


え!!
こんなに広いのシート!!!

だって二人の幅に一席だよ!!!!!

ほら。(乗客は中国人の親子三人と、欧米人カップル二人と、
インド系のおじさん二人と私。かなり広々使えてました。)

しかも

液晶テレビも付いてる(イヤホン付き。見なかったけど)

右の肘掛けには背もたれと、ふくらはぎと足を支える部分を操作するリモコンが!
ボタンはへこんでるのもあったけど、まあ動いた。
しかもマッサージしてくれる!モードも選べる。これには笑った。
なんかびりびりする電力みたいの送ってくるんですよ....笑
過剰サービス。

あとブランケットと水も付いてくる。

あ、こんなところで日本応援メッセージと出会うとは。ありがたいね....。

カーテンのしきりの向こうにはレンジとポットと冷蔵庫完備。
添乗員さん二人がお世話を焼いてくれます。

とか色々観察してたら出発。

さよなら〜〜〜シンガポール〜〜〜〜。

しばらく走って、ウトウトしてくる頃にシンガポール側の出国ゲートに到着。

パシポートと手荷物持って、一度バスを降ります。
そしてシンガ入国の時に貰った紙とパスポート見せて、通過。

バスに戻り、ちょっと走らせるとすぐマレーシア入国ゲートがあるので、
今度は大きい荷物も持って降ります。
ここでは荷物&パスポートチェック。

するとここで。

チェックが終わった私はバスに大きい荷物を置き、添乗員に(置いて行かれない様に)
「ちょっとトイレ行ってくるね」
と声掛けしてから、急いで5分もしない内にバスに戻ったのですが....
バスがいねえ。

バスがいません。

........バスがいません。

(しつこい)

なんと添乗員に声掛けしたにも関わらず、置いてけぼりにされました。
しかも添乗員二人も一緒に。笑

客だけなら分かるけど、添乗員もってどんだけアホなの....。
客も人数少ないし、ふつー置いてけぼりにするか?笑

まさかインドとかでなくシンガポールの高速バスで。

俳優の大倉孝二似の添乗員がニッヤニヤしながらかつ慌てながら
「大丈夫!大丈夫!」と言ってきます。
それがまたウザさを掻き立てる...!!(イラァ)

添乗員二人はしきりに運転手だか事務所だかに電話をかけながらも
大倉は隙を見て袋に詰めたココナッツジュースをチューチューすすってて
なんなんだこいつ緊張感全くないな!と、イライラ感が高まります。
ココナッツチューチューしてんじゃねえ!笑

つたない英語で声掛けした添乗員に
「私あんたに言いましたやん、トイレ行くって」
と、怒りをあらわにしても
「ほにゃららら(しょうがないよー)」
とかわされます。く、くそ....。

待つ事20分、別の普通のバスに乗せてもらうことで解決しました。
....てかお金払ったのにこのバスで行くのー!
このままクアラルンプールに行くならお金返して、っていうつもりでそのバスに乗車。

走る事5分。
あ、高速バスだ。
高速バスは路肩に止めて到着を待ってくれていました。

まあ無事戻れた訳ですが、高速バスの席に戻った私、
なんか遠足で一人迷子になっちゃった子みたいで若干気まずかったです...。
迷子になってないのに...(ある意味色々と迷子だけど....人生とかの...)

大倉が席に戻った私に「OK?」と聞いて来ます。
「全然オーケーじゃねえよ。」
と思いましたがここはアジアなのでもういいや。

えー、ではバス内レポートに戻ります。(え、戻るの?)

戻って、お弁当とお茶の支給。
お茶はコーヒー、紅茶、ジャスミンティーなどから選べます。
スタバでよく見る持ち帰りカップみたいなのにいれて持って来てくれます。

お弁当は春雨みたいな麺と、油ギトギトの揚げ物二つ、
咳き込むレベルの辛いタレがかけられたソーセージ、
魚のすり身が湯葉に巻かれたようなもの、の四品。

辛いタレのソーセージは本気で咳き込み、ノドやられました。
まあ全体的に美味しくはない。

あとトイレ休憩のあとにまたお茶のオーダーがあり、お菓子なども配られて。

さてこれがマレーシアの町並みかしら....と思った位に
クアラルンプールのブドゥラヤバスターミナルに到着〜〜〜〜。

お疲れ様でした。

さて、初マレーシア!

一安心、と行きたい所ですがまだまだ困難(?)が待ち受けます。
く、負けてたまるか!次回はマレーシア編〜。

丸腰シンガポール

こんにちは〜。

シンガポール二日目。
今日は午前は一人でぶらぶら。
前日にシンガ在住のみゆきさんに
「みゆきさーん!明日シンガポール行きます!」と連絡したにも関わらず(直前すぎる)
なんとみゆきさんと会えることに。

みゆきさんは今シンガポールでマッサージ師として働いており、そろそろ二年目。
今は学校に通っていて更なる上を目指して当然のことながら英語で授業を受けています。
(当日は月曜で運良くみゆきさんの学校の午後休みの日に当たったので会える事に。
やった!)

午前中はリトルインディア付近では有名な、なんでも揃うムスタファセンターに
行ってみました。虫除けスプレー欲しかったんですよね。

さてリトルインディア方向へ。

派手だね〜。

あ、これはチャイの入れ物?
いま買う訳にもいかないけど。笑

ここは何度か行ったフードコート。
見事な照りですね。色んな料理が食べられるのもシンガポールのいいところ。

リトルインディア入り口のハッピーディワリの飾り。
白鳥の目元にラメが施してありかわいい。

ここ、ムスタファセンター。
地下の服飾フロアではトリンプのブラとかも売っててびっくり。

さてはて、虫除けスプレーも買えて、みゆきさんと待ち合わせの時間になり、
約束のブギス駅に行くと....

みゆきさんー!!!会えました!

みゆきさんとは2008年のインド旅のバラナシでリラックスタイムを共にした仲間。
なんでも話せる人生の先輩です。
(今みゆきさんが学んでる学校のテキスト見せて貰ったのですが身体の構造とか、
ただでさえ難しいのにそれを英語で....なんだかもう難しすぎでしょ...というかんじ。)

みゆきさん今はシンガ住まいだけどいきなり連絡くれて鎌倉(地元)に来てくれたり、
やっぱりなんだかフットワークが軽いです。

色々話しつつ、今日はガイドブックなど粋なものは持ち合わせていない私の
シンガポール観光案内をして下さることに。
みゆきさんも試験勉強で忙しいのにありがたや〜〜。

あ、ちなみにここはシンガポールの原宿(?)ブギス駅周辺。
若者の好きそうなお値段の安めのビビットな色合いの服と、鞄と。
色とりどりのフルーツジュースと。
性にうるさいシンガポールでは珍しい?アダルトグッズの店もありました。

それからユニクロを見に(笑)デパートへ。

なんだかここブランドものの店ばっかりで、飲食店もおしゃれなところばかり!!
そしてトイレは日本ばりに奇麗でした!感激!

ここも、もはや日本...!!奇麗〜〜。

移動しながら、途中で休みながらみゆきさんからシンガポール雑学を教えて貰います。

・狭い国だし、犯罪おこしてもすぐ捕まるから犯罪率がやたら低い。
(性犯罪に関しては鞭打ちの刑なんだとか!
一見すると高層ビルも立ち並ぶ先進国に見えるのにそこはやたら原始的!
....でもそこ厳しくして性犯罪起こらないようにしてるんだろうけど。)

・狭いのに人口が増え続けてるから
(400万人から今年は500万人に増えているらしく←正しい数字は不明)
国外からの移住者や労働者に対してとても厳しい

・シンガポールっ子は基本的に結婚するまで親元(実家)で暮らす。
結婚してから始めて家を出る。(狭い国だから?デートとか大変そう...笑)
よー考えたらシンガポールって国の「シンガポール」って所で人々が暮らすって事は
日本て国の「日本」て都市が一つだけある、とかそんな感じなのかな?

・国はいかに国民を堕落させないかというところに力を注いでいて、
車を持つのにもまず「車を持つ権利」を買わなくきゃいけない、らしい。
シンガポールは高所得者がかなり多い国なんだそうだ。

・シンガポリアンは大体オフィスワーカー。
大抵力仕事や土木作業は国外からの労働者が担っている。

・物価は殆ど日本と変わらない(食べ物安いけど)のにサービスの部分が全く
追いついてないらしい。
(しかもドアノブよく壊れるからドアノブのシェアを取るなら今シンガポールが狙い目!
....かも?←これは私の意見)

あくまでも二年近く暮らしたみゆきさんからの視点なのですが、
でもなんとなくシンガポールってこんな場所なのか...と輪郭が見えてきたよーな...。
元々住んでる人より海外からの移住者の方がその国の本質が見えたりする
部分もあるだろうしね。

あとシンガポールって歩いてみて奇麗なケーキとか総菜パンとかも売ってるし、
日本と変わらないクオリティなのかな?と思ったのだが、みゆきさん曰く
「やっぱりあの日本ならではの味の繊細さとかは....こっちでは無いよね〜」とのこと。
日本ってやっぱりすごいな。

あ、そいや和民で写真撮ってもらった!
まさか和民で写真を撮ってもらう事になるとは....。笑

あとこれね。
大手デパート。高島屋=義安城って書くんだって。大きいよ〜。

暗くなり始めた高層ビル群。

でました!マーなライオン。
威勢良くお口から水を吐き出しております。
みゆきさん曰く、マー様(マー様って...)はこないだまで工事中で、
マー様の立つ波々の土台がこないだパワーアップしたらしいです。

ちょっと暗くなりまた雰囲気も変わって。

マー様「ボエエエエエエエエエエエエエ」

なんか別にマー様にものすごく会いたかった訳ではなかったのですが
良くテレビでみるお姿に「あー、ほんとに来ちゃったなあ、旅っていいなあ」
と一人感慨にふけるのでした。

そしてマー様の視線の先にはSMAPのCMで一気に知名度を上げた
「Marina bay sands」

フランスパンみたいな、新幹線みたいのが乗ってるー!
すごいなこれ考えた人。

どうせなら、とタクシーで「Marina bay sands」まで。
マー様からは歩くと30分ほどかかるとな。
うん、中はやっぱり豪華。

お金を払えば泊まってなくても屋上に行けるとのことで。
(みゆきさん曰くそんなに宿泊も高くないよーとのこと。)

20シンガポールドル(約1280円位?)払って来ました!屋上!
(みゆきさんこないだ泊まりに来たのに付き合わせてしまいすみません....)
あ、SMAPが撮影したところは宿泊しないと入れないそうです。

驚くべきはそこから見える夜景!!!
言葉が出ない。

あー、家族にも見せてあげたいなあ。

これ香港とかだったらもっと光の数が多いのかしら。

しばらく見ていると光のショーみたいのが始まりました。
(下の方ね)

写真は少なめですが半日みゆきさんには観光案内やバスチケットの手配の手伝いまで
させてしまい....頭が上がりません;
(そもそもカンボジアマラソンのエントリーもして頂いてしまってて;)
みゆきさん本当にありがとうございました〜!!
(あ、でもまたみゆきさんとはカンボジアで再会できる!)

宿に帰るとリトルインディアでは「ハッピーディワリ」のイルミネーションが。
いいねっ!インド!

いやー、シンガポール、二日だけでしたが割と堪能しました。笑
これ誰もが思ってると思うけどもっと観光者向けの何かが増えるといいねっ。
マー様だけじゃねえ(おい!笑)

マー様も感激でしたがみゆきさんの
シンガ雑学と人生論が一番楽しかったかもしれません....。笑

さて明日はマレーシアに移動します。

他民族国家シンガポール。

こんにちは〜。

インドネシアにはほぼ2日しかおらず(おーい!)シンガポールに来ました!
初シンガポール!
アジア圏なのに公用語が英語の、異色の国・シンガポール!
(とかいいつつシンガポールとマレーシアの区別が
最初全然ついてなかった!アッハハ!)

今回はインドでバラナシ生活を共にしたみゆきさんに会うのも目的の一つ。
みゆきさんはシンガポールでマッサージ師として働いてるんですよー、かっこいいなあ。

というわけでインドネシアから

エアアジア使用。インドネシア〜シンガポール。全部込みで6000円〜

シンガポール空港に到着。
き、きれ〜。

ターミナル内を巡回する乗り物。

う、うわあああ!シンガポールやあ!都会やでえー!
このあたりですごいテンション上がってくる。

うーん、奇麗だ。

前日ネットで見た情報を頼りにMRTという交通機関を利用して中心街へ向かいます。
(ガイドブック&情報が一切ないため。)

あ、来た。中はこんな感じ。

着きました。目的地のバグスという駅。情報殆どないけど辿り着けるもんだねえ。
(MRT内ではシンガポリアンのおばちゃんが話しかけてきてくれたりして。
シンガポール人優しいですやん...!)

えー、そしてバグス駅の目的は。
気付いたら来てしまいました....


リトルインディアに!!!
南インドカレー。どーん。

(まあ正しくはインド人マダムの集団に聞いて一緒に連れて来て貰ったんだけど)
南インドカレー美味しかった〜。

前日にネットでシンガ情報を見つけたらなんどインド人街があるということで。
いやー来ちゃったよね。
引き寄せられちゃったよね。
ていうかインドカレー食べたかったよね、単純に。

インド人街の付近(ビルだけ見ると日本ぽいんだけど右に居る方がサリー着てる)

なんだかよくわからんけど若干コロニアル調?のこの町並み!

今ハッピーディワリだそうで通りには飾りが。

みんな大好き油ギッシュなインドのお菓子(誰?みんなって。)

リトルインディアを歩けば極彩色のこのド派手な建物。

そしてインド人、無駄につるみます。
無駄に、たむろする。
何してんだかわかんないけどつるむ、たむろする。インド人の真骨頂ここに極まれり。
インド人はどこにいてもマイペース。軸が全くブレません。

そして鉄格子の中でインドカレーをすごい勢いで食べるインド人!
なにこれ?鉄格子必要ある?笑

そしてその付近のフードコート。
北、南のインドカレーにラクサ(マレーシアのココナッツベースのスープ入りの麺)、
中華系の麺、果物を粉砕した果汁100%のジュースなどなど!
思わず目移りしちゃいます。

ちょっとかっこいい看板。どこ料理?インド?

ラッシーを飲みました。

果物のジュースが2シンガポールドル位(約130円)で飲めます。

その近くには市場も併設されて、肉と魚などの生鮮食品の店が連なります。
(このわかり易いけど個性強すぎの看板....好みです。)

この左のおっちゃん。髪の毛を紫に染めてます(ハイカラ。

「日本人か?」と聞かれて「そうだよ」と答えると
「日本人と台湾人はいいけど韓国人と中国人はいかん」というようなことを
話します。うーん、どこでも中国人は評判悪いな〜。

ごろごろの肉を切り分けるおじちゃん。
この鼻の奥を刺激する新鮮な血の匂いが市場だな〜という感じがします。

豪快だね〜。

もはや何の肉だか。

このあたりは魚コーナー。

ずらずらずらと。
しばらく眺めちゃった。
人なつこいインド人と話して移動〜。

リトルインディア付近をぶらぶらしていたインド寺院に辿り着きました。

中は電飾が使用されぎらぎらとインドらしい感じ。
(ちょっとテーマパークっぽく写ってるけど実際はそんなことないです)

うん、でもかなりギラギラしてるね....。
やっぱりちょっとテーマパークっぽいわ。

ちょうどインド寺院に入ったくらいに雨が降り出してきて、
なんだか鉄格子の中にいるドゥルガー(戦いの女神)の前で動けなくなっていたら
気付けば外は豪雨に。(すぐ止むかと思ったんだけど...!)

弾丸のような雨はしばらく続き、二時間ほど外に出られず....
黄色の布をおのおの個性的に身につけ、熱心に祈りを捧げるインド人を見ながら雨宿り
たまにはこういうのもいいか。
(そのあと雨は止まずびしょびしょになりながら宿に帰りました。あー。笑

宿に帰ったら帰ったでここの宿、すっごい変な宿で(笑)
インド人街が近いからインド人ばっかりなのはわかるんですが、
女子ドミはインド人、シンガ人、ケニア人と、日本人(私)....の妙なメンツ。
インド人の女の子はいつも髪の毛が何故か風呂上がりのように濡れてるし
(朝8時ごろ出かけて行って、夕方突然二段ベッドの上でカップラーメン食べ始める。)
ケニア人の女の子はセクシーな服着て朝方帰ってくるし、
シンガ人おばちゃんは私が見る限りいつもパソコンで何か作業している。笑
何してんの?どうしよう世界的なハッカーだったら....(アホか)
(シンガ人て言ったのに友達との会話で
「メイヨー、メイヨー(中国語で「ないよ」の意味)」と言っていた。
中華系シンガポリアンかな?)

めっちゃ変な宿だったけど、でもまあ皆いい人でした。
二段ベッドの上だったんだけど下のケニア人の子が座るだけでゴワン!!と揺れるのが
気になったけど(笑)いい子でしたよ。

宿自体はシャワーとトイレが一緒なんだけど
トイレのスペースが座るだけでもういっぱいいっぱいで全くリキめる気がしない!笑
でもそんなの沢山あるよねー。

というわけで他民族国家の縮図のような宿なのでしたー。
次の日はシンガポールぶらぶら予定です。

1

selected entries

categories

archives

recent comment

  • トゥールスレン虐殺博物館に行く
    SMOKE
  • シンガポール→マレーシア 高速豪華バスレポート
    宮内一郎
  • 走った!アンコールワットマラソン!
    情熱大育
  • チリ・アタカマ砂漠抜けツアー(三日目)
    Ryu
  • アニマルに囲まれる街〜海辺の街・アリカ〜
    るい
  • シンガポール→マレーシア 高速豪華バスレポート
    おばた
  • ゴールデン・ロックへの道〜前編〜
    ウチヤマ
  • ゴールデン・ロックへの道〜前編〜
    cmano8
  • ゴールデン・ロックへの道〜前編〜
    ウチヤマ
  • ゴールデン・ロックへの道〜後編〜
    ウチヤマ

profile

     

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM