トゥールスレン虐殺博物館に行く

こんにちはー。


シェムリアップでのアンコールワットマラソン完走した翌朝5時。

シンガポールへ帰るみゆきさんと涙のお別れをし(泣いてないけど!)

私もそのあと8時前にはプノンペンに向かうバンに乗車して、

グッバイシェムリアップ!!


シェムリアップからプノンペンまでは休憩を一度挟み7〜8時間で到着。

14:20頃にはプノンペンのセントラルマーケット付近に到着。


有名なキャピトルゲストハウスにチェックインし、すぐ近くのバスオフィスに

チケットを取りに行くと丁度タイに向かうバスが翌日とのことで....

タイに帰るチケットを17ドルで購入。

そうと決まれば時間がない。

プノンペンに来たら絶対に行こうと思っていた場所がありました。


それは「トゥール・スレン虐殺博物館」。


1976年、クメール・ルージュが「革命に学問は不必要」という理由で

医者や弁護士などの知識人をはじめ罪のない人々を次々と捕まえ、

当時無人だったリセ(学校)を尋問・拷問する場所に転用。

29ヶ月の間1400020000人の人々が収容されたとされる。

驚くべき事にその中から生還したのは8名。


詳しくはウィキベディアの「トゥールスレンを参照ください


1976年といったら(私自身は生まれていませんが)つい最近のことです。

トゥールスレンのことを知った時、最近までそんな残虐な行為が

ここカンボジアで行われていたことに衝撃を受けたものでした。


知識人が率先して処刑されたことによりそれが今も

カンボジアの発展を遅らせている原因となっていると言われています。


宿からトゥクトゥクで1ドル。

トゥールスレンは宿からそう遠くはなく、街中に突然現れます。

でもそれも驚くことではなく、元々は学校だったのですから、当然なんですけど....


見た目は普通の学校。

門の前に立っていると肩をとんとんと叩かれました。

振り向くと、目の前にバッ!と差し出される手。

ぎょっとしたのは手をいきなり差し出されたからではなく、その男性の見た目。


髪の毛が全くない頭の皮は所々引きつっており、

両目は顔の変形した肉に埋もれてしまっていて、見えているのかいないのか。

その時、びっくりした衝撃でリクシャのお兄さんから受けとった

小額のおつりを渡してしまいました。

病気か、地雷か、アジアではこういうひどい怪我をした人にたまに会います。


トゥールスレン内に入ると、2ドルの入場料と3ドルの冊子で「5ドルだ」と

言われ、支払い入場。(冊子は購入しなくてもいいのかも?)


中に入ると、本当にここは学校だったんだという構造。


中は奇麗なのですが.....


一歩足を踏み入れるとどこか空気が違うのがわかります。


クメールルージュが撤退し、施設が暴かれたとき

拷問を受け亡くなった人の死体がそのままになっていたそうです。


拷問に使われたベッドとその写真。


当時のままの床のしみ。


何で罪のない人達が意味の分からない理由の元に殺されなければいけなかったのか


ただただ恐ろしい。


残された当時の拷問器具の数々。


学校の地図か


このあたりから、施設の持つ異常な空気に少し腹痛が。

上の階などは、一人では歩くのは恐ろしいくらい。


長い廊下。


ひんやりとした無機質な鉄のベッド。


ここで殺された人はこの窓から光を浴びることはあったのだろうか?


外に出たかっただろうなあ....


生々しいほどの当時の様子を伝える写真。


いくつもの部屋があります。


いつ付いたものか、ひっかき傷


これだけ見ると普通の学校なのに...


これは血の染みだろうか


可愛らしいタイルがこの部屋の荒廃した雰囲気を逆に際立たせている


階段の踊り場。


ブーゲンビリアの花が奇麗に咲いている。


傷の数々。


ここでは会話禁止。


有刺鉄線の張り巡らされた校舎。


独房の部屋番号か


撮影はしましたが、ここには恐ろしくて長くはいられない


こんな狭いところに閉じ込められたら気が狂ってしまう


壁の文字に恐怖を感じる


当時のものか


ここに落ちる光は美しいのに


木造の独房。


中は、暗い。


中に入るのもためらわれる程の空間。


目を逸らしてはいけないんだけど


ここのコーナーには亡くなられた方のおびただしい程の写真と

本物の大量の頭蓋骨と、生存者の話を元に当時の拷問の様子の絵が

展示されており、バシャバシャ写真を撮っている人もいましたが....

さすがにここは撮れませんでした.....


ぐるっと回って1〜2時間ほど見たのですが、

ただひたすら「何で彼らは死ななきゃいけなかったんだろう?」と

そればかりが頭の中に。


よく整頓された芝生の広場にはブーゲンビリアが奇麗に咲いた樹と、

夕焼けの柔らかい光を浴びながらバドミンドンをしているカップルがいたりして、

ここで沢山の人が亡くなったなんて本当に信じられない。

歴史は残酷.....。



のどかに見えるカンボジアの風景も、こんな悲しい歴史が背景にあることがわかると

見る目が変わってきますね。

こんな歴史が二度と繰り返されないことを祈ります....。


なんとも言えない気持ちになりましたが、行って良かったです。


さて、次はまたカムバック・タイ!

まさかの半日滞在でしたプノンペン....。


走った!アンコールワットマラソン!

こんにちは〜


さてカンボジアの続き。

容赦ない激烈な太陽の光を浴びながらアンコールワット観光も滞り無く終了。

写真はここを見てね→


アンコールワット1

アンコールワット2


でももう、暑すぎて後半観光できない位フラッフラでしたけどね....

ものすごい勢いでHPが無くなっていく中、次の遺跡への移動の度に

みゆきさんと

「ちょっとこの暑さはもう限界なんじゃないか?」

「いや、もうここは少し見ればいいだろう」

「.....暑すぎる(もう帰りたい)」

というような消極的なミーティングを繰り返し、

それでも要所要所は押さえた観光をしてきました(おーいっ)

いやもうあれは日本にはない暑さだよ。

何よりの敵はカンボジア人でもなんでもなく暑さでしたね....。


アンコールワット観光の後に、現在シェムリアップのオールドマーケットで

働いてるちーちゃん(地元鎌倉の小学校からの幼なじみ)

と会うことが出来たのですが、彼女は体調悪くマラソンは出られないとのことで....

(ちなみに10kmに出る予定でした)

でも応援には来てくれるらしく、約束をしてまた明日。


さてアンコールワット観光の翌日は私たちのメインイベント、

アンコールワットマラソン!!


日本を出る時に

「ちょっくらカンボジアのマラソン出て猫ひろみになってくるわ」

的なことを抜かした(ような気もした)んですが

猫ひろしは「カンボジアマラソン」であって

私・猫ひろみ(いつのまに)は「アンコールワットマラソン」です。

しかも驚くなかれ、走行距離は三キロ!(散歩か!)

チキンですみません。


何を隠そう(隠すどころか知らんがな)私は幼少の頃からすばしこく、

学生時代は必ずリレーの選手に選ばれる位の俊足を誇ったものですが、

(部活は美術部なのにな)長距離は大の苦手!!

「金貰っても(長距離なんか)走るかい」

が座右の銘(ウソ)。


なにが嫌かっつーと走ってる時&その後がものすごい顔になるのが恐ろしい!

でも大人になるにつれ健康を意識するようになり(ヨガの影響もあり)

走るのってそんなに悪くないな〜と思い始めまして。

美を追求するには走ってる姿(醜態)を多少晒すのは仕方ないのか....!

(お前がいうか?)

これからずっとヨガも続ける予定ではありますが加齢による身体の変化に伴い

将来的にランニングをしそうな予感はあります。

スポブラとスポーツシューズさえあればあとは走るだけだからなあ。

お金もかかんないしね。


とか色々ぶーぶー言いましたが今回は(みゆきさんのお誘いもあり)

面白そうだったので参加しました!(結局ね!!)

やるからにはしっかり完走するぜい!!


で、当日。

4:40〜起床。

私(走行距離:3km)はフランスパンを喰らい、

みゆきさん(走行距離:21km)はジュースのみ。


私はランニング用の格好なんか持ち合わせてないのでカーキのスキニーパンツに

コンバースの黒のハイカットと参加者の普通のTシャツ、と普段の格好で参加。

大丈夫か...ナメてると思われないか....(誰にだ)

(みゆきさんはちゃんとランナーの格好)


5:30〜用意して、まだ暗い中出発。

お月様でてる。


宿のスタッフ・オンくんにアンコールワットまで送って貰ったのですが

昨日のアンコールワット観光はリクシャ(バイクで人の乗った車を引く)

みたいなのに乗ったのでそれを想像していたら.....

なんとバイクに2ケツならぬ3ケツ。

途中奇麗な朝焼けが見えて三人デートみたいでしたわ....笑

(どんな三角関係?)


朝焼けの中3ケツで三人デート(キャッ)。


運転をオンくん、みゆきさん、後ろ私、と乗ったのですが

この時みゆきさんは相当体勢を無理していたらしく降りたあと

「腰(つかお尻)が痛い....」と。なんてこった。

これから21km走るのに。出だしから参った。参ったよこりゃ。


オン君に「帰りにまた迎えに来てね」とお願いし、一旦宿に戻ってもらう。

ありがと、またあとでね。


アンコールワット前に着くとすでに続々と大勢のランナー達が集まって来ていて、

朝のひんやりした空気の中、スタート前のある種独特の興奮、熱気が

そこここに漂っていてなんだかすごくいい空間でした。


皆アンコールワットを背景に記念撮影や、ストレッチ。

運動会の当日の朝みたいだなあ〜とそんなことを思ったり。


ストレッチする本気モードのランナー達。


これから21km走るみゆきさん!


6:20〜21kmランナースタート

みゆきさんは21kmなのでスタート位置につき.....いよいよスタート!

少し離れた所からみゆきさんを見送る!

頑張れーみゆきさん!(3kmの為完全に傍観者・笑)


21kmスタート地点。


興奮してきた!


盛り上がる会場


気球もあがる。


あれ?着ぐるみが....


右のおねーさんが甲高い英語でまくしたてます。


6:40〜10kmランナースタート

少しズラして10kmスタート!

ぞくぞくとスターーーート!!!


6:50〜3kmランナースタート

そしていよいよあたいの出番だぜええ!!!


一番かるーいコースなので、ランナーの中には

小さい子供を含むファミリーや歩くのも困難そうな杖をついたおばあちゃん

(!!感動した!)などが参加していて、21kmの本気ランナーとはまた違った雰囲気。

(いや私も本気だぜ?!)


でもやっぱりあとで見て思ったけど21kmを優勝するレベルの人は

やっぱり身体付きが違う.....そらそーか。


スタート地点。


今か今かと合図を待つ。


そろそろか.....ドキドキ。



ガヤガヤガヤガヤしてたらスタート!!!


よーいどん!(と聞こえた気がした)

はしれーっ!


普段長距離走をしないながらの唯一の知識

「吸って吸って、吐いて吐いて」

の呼吸をしながら走る走る!!

その横を子供が配分めちゃくちゃなペースで斜めに私を追い抜く!

でも私はふつーのペースで走る!笑


地元のビーチサンダルを履いたカンボジア人がすごい勢いで私を追い抜いた時

「あ、私(運動靴履いてるだけ)ちゃんとしてるわ」

とちょっと安心!(?)


木陰が涼しい並木道にさしかかり、あっという間に折り返し地点!

そのちょい手前で水のペットボトルを貰う、

が、落とす!

あー。


すぐに物乞いの子供達が落ちたペットボトルを拾う。

彼らは沢山空のペットボトルを拾っていたけどあれはいくらになるんだろ?


折り返してゴール地点が見えて来たとき

「あ、私、いける!!」

と確信し、一気にゴールを目指すもなっかなか近づいてこないゴール!!!


と、途中で

「うちやま〜〜!!!」

と応援に来てくれた地元友達ちーちゃんの声!

おおっ、ちーちゃん!!


心無しか走る両足にも力が入り、加速!

そのままの勢いでゴーーーーーーーーーール!!!!


やっったーーーー3キロだけど!!笑

時間にしたらきっと20〜25分。時計見るの忘れてたけど多分それくらい。

あとでちーちゃんに聞いた所によると

「内山、かなり早く帰ってきたねー!」

と言ってくれてたけど実際どうかわからない!笑


走り終えた瞬間の真っ赤なひどい顔。笑


そのあとはバナナ(渋くて食べられず)貰ったり


無料のエナジードリンクを頂いたり。


そんな風景を見ながらみゆきさんの帰りを待つ事数時間.....。

でもマラソン会場を観察してたら全く飽きない!


日本の選手の応援団


でも日本から和太鼓で応援に来てる団体


車いすランナーも!!


西城秀樹のそっくりさんの「YMCA」ショー。


あっ、着ぐるみランナーも完走!すごいや!


犬もコースに侵入。おおらか。


中でもいいなあ、と思ったのはヨーロピアンの四人家族で、

お母さんがマラソンに出て、無事ゴールしたあとにお父さんと小さな子供

(女の子二人)が花束をお母さんにあげているところ。

お母さんがかがんで子供二人と視線を合わせてるシーンに

なんだかとても感動してしまった...。

子供達の記憶に頑張ってるお母さんの姿は一生残るんだろうなあ。


9:30〜陽も登って来た頃。

そろそろみゆきさん帰って来てもおかしくないなー...と思いつつウロウロ。

段々コースに一般人が侵入しちゃったり乱れてくる

アバウトなカンボジアのマラソン大会。


と、そのとき!

あっ、み、みゆきさーん!!!!


みゆきさん帰って来たー!!よかった!

ちょっとはぐれたかと心配してた!!笑

「ウッチー!」

とこちらにも気付いてくれ、にこやかに帰ってきたみゆきさん。


少しだけ並走して、

みゆきさん無事ゴール!!


「やってやったぜえ!!」的な表情のゴール瞬間のみゆきさん。笑

す、すごいぞすごいぞ!有言実行の女!!!

かっこいい!!


「やーもうきつくて途中歩いちゃったよー」

と言いながらも走りきり、無事メダルを貰ったみゆきさん!

本当にお疲れ様でした!!


21km走るってほんとにすごい...。


一緒にパチリ。みゆきさんはメダル、私は証書。


その後は閉会式もナチュラルに終わっていたらしく、流れ解散的に終了!!!

て、適当ー!!!笑


流れ解散会場。


勝手に表彰台に登る。右の人だれー!!?


有森さんも来ておった。


それにしてもランナー達は本当に楽しそう!!

走る前も、走った後も、プラスのオーラに包まれている。

ここに立っているとそういう幸せなパワーを感じるなあ....。

運動は、正しくやればいいことしか起こらないのよね...!


今回のマラソン大会は私にとっての「走る」という概念に対して

前向きに考えるとってもいい機会になったのでした。

次は10km走りたいなあ....なんつって。


その後は宿に帰り、シャワーを浴び午後は何事も無かったかのように

カフェに行ったり市場を散策したり。


そいや帰りに道でゼッケン(多分21km)つけた人が並木道走ってたんだけど

いつまでどこまで走るのー!!?走り足りないのかな?

フォレストガンプかっつーの!


朝六時から21km走った人とは思えない笑


みゆきさんとは2008年に訪れたインドのバラナシで出会ったのですが、

みゆきさんといるとあの頃の空気がふと戻る時があって

なんだかとても懐かしい気持ちになる時があります。


2008年に思い切って出かけたインド旅は、旅した当時も帰国した後も、

最高にいい出会いや経験、縁に恵まれ、

私の中では旅の原点になっている旅でもあると今となっては思います。


カフェではちょっと深い話もしたりして、

短期間だけれどみゆきさんと旅出来て本当によかったなと感じるのでした。


そしてカンボジアラストナイトはまたしても

鎌倉友達のちーちゃん(左)と、みゆきさん(右)と三人で旅女子会。(中央・私)

ちーちゃんはみゆきさんの勤務地シンガポールにすごい興味を示してたので

次どこにいくんだろなー?ほんとフットワーク軽いな....笑


シェムリアップに詳しいちーちゃんにオシャレなカフェに連れてってもらって


いつまでも話は尽きないのでした〜。


みゆきさん、アンコールワットマラソンに誘って下さり本当にいい経験が出来ました。

ありがとうございました!!

ちーちゃんも忙しい中本当にありがとう!会えて嬉しかった!

フットワークのめちゃくちゃ軽い二人、次はどこで会えるだろう....。


さ、次はプノンペン移動!!!


カンボジアに入国&再会!

 こんにちは〜


ただいまインド。

二月のバラナシ、プリーでの沈没期間を経て現在南インド。

まあ沈没中何をしていたかといえば遊んでいました。

...と同時に色々と考え事もしていました。

自分は旅日記の中で何が書きたいのかとか、ごちゃごちゃと....。

と、まあただそんな葛藤している暇あれば書けよ、って感じなのですが。

しばし立ち止まってました。

きっと単純なことなんだけどなー。

書きたいことやものだけ書きたいな。


ぼそぼそとすみません。

ではどうぞ!


私の日にちの勘違いでロイクラトンを見られなかったタイを経て、

(チェンマイからタイに戻り)カンボジアへ!

カンボジア入国までの流れを簡単に書いておきます。


7:00〜バンコクのカオサン出発!

この時日本人お三方とも一緒に出発。

二人旅をしているカズマサくん(23)、リョウくん(23)と、

Rさん(男性・33)と一緒でした。


10:40〜ガソリンスタンドにて休憩。

11:00〜またガソスタへ。ど、どうした?

11:15〜イミグレ前の食堂にて昼食。

ちょっと高めだったがクオリティのやたら高いパッタイだったわ...!

そのあとまたバンに乗り、イミグレまで。


12:50〜タイ側のイミグレ到着。それにしても暑い...。


ボーダーにある、「cafe boder's」。

ちょっと笑ってしまった。笑


イミグレではかな〜り並ぶ。

ここではタイ入国時に貰った白くて細長い紙の半分を記入しておかないと出られない。

注意。


出国完了。外に出ると、ゲートが!


カズマサくんとリョウくん。


「KINGDAM OF CAMBODIA」

の文字を見てテンションが上がります。国境ってわくわくするなー!

門をくぐり、徒歩7分位歩くと、次はカンボジア側の入国審査!

この徒歩7分の間にはカジノのあるホテルやらが建ち並んでいて、

タイ側でもカンボジア側でもない場所というのがわかります。


カンボジア入国では旅行者がめちゃくちゃ並んでおり、

ゆうに一時間位はかかったが無事入国...!

そこでまたバス乗車。


無駄に並ぶ....。


15:00〜ツーリストバスターミナルに到着。

ここでは旅行者がそれぞれバスかタクシーに乗り、

シェムリアップ市内へ向かいます。

私はなんの予約もしていなかったのでバスになるところを、

金にモノ言わせて(500B追加)タクシーに乗車させて貰いました。

(スイマセン)案内の人に「バスだと深夜着だよ」と言われつい。


休憩を挟みつつ。


17:40〜シェムリアップ市内にとうとう入った!

と、止まった場所にリクシャ(人力のタクシー的な乗り物)が待っており、

私とRさんは(RくんとKくんは他のリクシャ)

タクシーからリクシャに乗り換え。

この一連のあまりに自然な乗り換えに、私はさきほど払った500Bに

ホテルまでの送迎も含まれてるのかと思ったのですが....。


するとリクシャに乗る瞬間同乗してきた日本語を話す怪しい男。

私はもう宿が決まってたのでそこに移動してくれと頼み

(今回マラソンに一緒に参加するみゆきさんが予約してくれていた宿)

Rさんも予約済みのホテルの場所を告げ、リクシャは出発。

走り出したリクシャの中で男は最初はにこやかに雑談....していたのですが

徐々にツアーの勧誘を開始!

それがまた「いかにも客を逃がさない」的な強引かつ執拗な勧誘で。

人のいいRさんは約束を取り付けてしまい、ホテルに着いたので先に降車。

私はツアー等には参加する気はなかったので

ホテルに着いた後丁重にお断り。

すると

「明日ツアーに参加するならこのリクシャ代はいらないけど

参加しないなら今5ドル払って貰うよ」

と男はしゃあしゃあと抜かしやがります。


うわー、タクシー代に含まれてなかったんかー

というか説明もなんもなかったし、

いやそりゃ確認しなかった私も悪かったけどもさー

と考えつつ、でも相場がわからなかったので3ドル支払い。

でもそれでも長い距離じゃなかったし、高い気したけど...


アジアを旅行してるとたーくさんいる、有る程度のレベルの日本語話す

客商売をしている人々。

ベトナムの市場でも日本語を話すお姉さんがものすごい値段ふっかけてきて

嫌な思いをしたことがあったなあ。

その時は、偶然ベトナムで出会った日本人がベトナムの大学で日本語教師を

している人だったので、勿論騙してきたベトナム人の女性が彼の教え子じゃないにしろ

「日本語教師の彼はベトナム人にそんなことさせる為に日本語教えてるんじゃないのに」

と哀しく思ったことがあったなあ。

自分の生活を向上させるために勉強してんだろうけど、

その覚えた日本語で日本人を騙したり、ぼったりするのは

ほんと止めて欲しい....

うーん...。少し苦い思いをしたシェムリアップ到着。


ちなみにコイツ。注意してね。犬飼ってるよ。


18:00〜無事ホテル前に到着。


すでに数日前にカンボジアINしているはずのみゆきさん

(勤務地はシンガポール!)は丁度外出していていなかったのですが

その間に少しウロウロすることに。


カンボジアは2007年頃友達と一度来た事があって、

オールドマーケット周辺は多少懐かしさを感じ.....る筈だったのですが


ドギャーーーーーン。

なんじゃここー!



ドギャーーーーン。

なーんかド派手な飲み屋街になっとるー!!!


どこもかしこも!!


欧米人向けー!!!

(あの、すごいどうでもいいんですけど右のママ胸いれてますよね...?

すごいどうでもいいんだけど。教えて偽(ギ)パイハンター。)


な、なーんかどこもカオサンみたいになっていくのですね....

カオサンはカオサンで面白いからいいんだけど、

どこも均一化していく必要はないと思う....

まあ5、6年も建てばそら変わりますがな....

ああ諸行無常の響きあり....(詠み人知らず。)

と、シェムリアップで「平家物語」をそらんじる私。


そんなシェムリの変化を目の当たりにして驚きを隠せないまま、

でもしっかり目をつけてた肉まん(シェムリ在住の友達曰く「段ボール肉まん」)を

買い、宿に帰ると.....みゆきさんいたー!!


(左の女性がみゆきさん)


この日はみゆきさんとの再会を祝し、気のいい宿のスタッフさん達と

タイのお酒「SPY」を呑みながら夜は更けて行くのでした〜。


ちなみにみゆきさんとは遡ること2008年、インド旅の時にバラナシで会った縁で

ずっと仲良くさせて頂いており、出国前は私の地元鎌倉に突然みゆきさんが来てくれて、

さらに旅行開始二カ国目のシンガポールでも時間貰ってて、更にカンボジアでも再会、

という会う場所が次々変わるなんともワールドワイドな(?)間柄です。


いやはや、無事カンボジアにも入国できたし、みゆきさんにも会えたし、

翌日はアンコールワット観光!


1

selected entries

categories

archives

recent comment

  • トゥールスレン虐殺博物館に行く
    SMOKE
  • シンガポール→マレーシア 高速豪華バスレポート
    宮内一郎
  • 走った!アンコールワットマラソン!
    情熱大育
  • チリ・アタカマ砂漠抜けツアー(三日目)
    Ryu
  • アニマルに囲まれる街〜海辺の街・アリカ〜
    るい
  • シンガポール→マレーシア 高速豪華バスレポート
    おばた
  • ゴールデン・ロックへの道〜前編〜
    ウチヤマ
  • ゴールデン・ロックへの道〜前編〜
    cmano8
  • ゴールデン・ロックへの道〜前編〜
    ウチヤマ
  • ゴールデン・ロックへの道〜後編〜
    ウチヤマ

profile

     

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM