ウユニ塩湖の写真〜第一弾〜

リアルではアマゾン河のほとり、マナウス....!

なんだかやっと、ほんとの意味でゆっくりしています。

弓場農場では平日は一応お仕事として農業をお手伝いしていたので、

空いた時間は休んでしまって....そして色々してると一日が終わってしまうという。

いかんいかん;;


さてボリビア、ウユニの続き。

今回はウユニ塩湖の写真をひたすら載せて行きます。

先に言いますと、ウユニ塩湖のツアーは計三回参加しました。


1/31(到着した日の新月の日)

(1回目)15:00〜21:00

更に三時間だけ仮眠を取り、日付変わっての

2/1

(2回目)夜中の2:00〜朝方8:00のツアー。

さらに

2/2

(3回目)16:00〜23:00

です。


バズーカ砲みたいなカメラ持っているような方は

もう何度も何度も満足いく写真が撮れるまで参加されていたようですが、

ひとまず私たちは有る程度塩湖の見たい時間帯も網羅したし、

三回目のツアーが充実していてすごく楽しかったのでもういいか、と。


ちなみにツアーに参加する方法はツアー会社に行って、

店の表ににべたべたと貼ってある募集内容の書かれた紙

(日にち・何時〜何時までとメンバー名、あと「夜空〜朝日を見ようツアー」とかも

書かれている)を見て名前を書き込むだけ。

「ウユニの塩でおにぎり作ろう」ツアーとかもありましたよ。終わっちゃってましたが。


ツアー会社で有名なのは「ホダカ」とか。

その並びにあるツアー会社も同じような感じですが、日本人の好きそうなトリック写真を

撮るのが上手なガイドさんがついたりしてると人気のツアーになったりとか。

人数が集まれば最安値で行けるし(大体一回のツアーで17USDほどでした)

集まらなければ現時点での金額を皆で割る、ということになります。


私たちは三回目のツアーだけ自分たちで時間指定して紙に書いて

ぺたっと貼っておいたらメンバーが集まりました。


あ、あとで知ったことですが新月の後?一週間は「月没」といって

ほぼ新月みたいな状態になる現象があるようで....

なので新月だからといって焦らなくてもいいようです。まっいっか。


では写真載せて行きまーす。(ちょっと写真大きめに....)


1/31(到着した日の新月の日)

(1回目)15:00〜21:00の写真。


途中、放牧されていたリャマ?アルパカ?の群れ。

写真撮ったら飼い主に怒られました。すみません。


どんな風に塩湖が現れるのかと思いきや、民家を通り抜けて行くと砂地、

水が現れ、そこから徐々に塩湖らしい風景へと変わって行きます。

車でざぶざぶ水の中へ.....


しばらく行くと、そこはもう鏡張り!!亀の甲羅のような模様が目を惹きます。


きたぞーー!!!


今回の女子三人組での写真。「わーい!きたぞー」


塩湖の表面は塩の結晶。

水がズボンに付くと固まって白くなり、私はこの水の中にカメラキャップを落としたら

ひどいことになりました(どちらも真水で洗えば問題なしですが...)


お約束のトリック写真も撮影。

雄牛のようなたわわな私の腰を箸でつまんでもらいます。


ちなみにここ、きちんと日焼け止め対策していかないと肌が酷いことに....。

実際塩湖に何時間もいるとかなり暑いですし、

ウユニの街でも肌が真っ黒になってべろべろになってる人を見かけました;

あと照り返しが凄いのでサングラスは必須です。


ちなみにかーなり暑い中、根気強くトリック写真をうまく撮ろうと奮闘している男子達を

「すごいねー」と言いつつ女子は遠くから見てました....男子、凝りますね。


たまに頭上を通り過ぎて行くピンクフラミンゴの群れ。


各国の国旗たち


うーんなんだかよくわからない世界。


時間の経過とともに景色も変わって行きます。


夕焼けの時間です。


今回のメンバーたち。


てくてく


てくてく


鏡張り。

ちなみに鏡張りの塩湖に興味あるのは日本人(というかアジア人だけ)らしいです....

欧米人は雨期の塩湖には興味ないとか。奇麗なのにね。


カバオくん(指人形)を塩湖に落としたよーこちゃん。ちょっと面白いです。


でもそんな事はすぐ忘れ、足上げに興じるよーこちゃん。


最後はジョジョ立ち、ということでシメましたがなんとも中途半端で笑えます。

これ別物だろ。


そして街へ戻り、皆と連絡先交換して私たちは宿で三時間だけ仮眠を取り、日付変わって

2/1(2回目)夜中の2:00〜朝方8:00のツアー。
我ながら頑張るなあ。

ま、もう疲れてたこともあり、さらに天気が悪くかなり寒かった事もあり、
車の中で仮眠を取っていたので、写真そんなにないんですが.....。

しかも何故か他の車の乗り遅れたコリアンのカップルが無理矢理こちらの車に乗り込み、

自分たちの責任なのに何故か私たちの席がぎゅうぎゅうになるはめに....

遅刻したなら出直せばいいのに....。


ちょっと暗め。


明るくなって来ました。


朝日が〜〜〜〜


天気悪くても色んな表情が見られるウユニ。


空を映す水が奇麗。


昨日に引き続きよーこの足上げ。


後ろを振り向けば蒼の世界


最後は二人のいい笑顔。ニカッ。


そのあと8:00前には街へ帰る事に。

私はもう眠気マックスで車の窓にガンガン頭ぶつけながら寝てました。

そのあと宿へ帰り、就寝〜〜〜。

お疲れ様でしたっ!


さらにまだあと三回目のツアーの写真載せます!もうちょっとだけお付き合い下さい〜!


コメント
コメントする








   

selected entries

categories

archives

recent comment

  • トゥールスレン虐殺博物館に行く
    SMOKE
  • シンガポール→マレーシア 高速豪華バスレポート
    宮内一郎
  • 走った!アンコールワットマラソン!
    情熱大育
  • チリ・アタカマ砂漠抜けツアー(三日目)
    Ryu
  • アニマルに囲まれる街〜海辺の街・アリカ〜
    るい
  • シンガポール→マレーシア 高速豪華バスレポート
    おばた
  • ゴールデン・ロックへの道〜前編〜
    ウチヤマ
  • ゴールデン・ロックへの道〜前編〜
    cmano8
  • ゴールデン・ロックへの道〜前編〜
    ウチヤマ
  • ゴールデン・ロックへの道〜後編〜
    ウチヤマ

profile

     

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM