トイレの神様になる in クスコ

こんにちは〜


リアルではメキシコシティ。

毎日必ず雨が降ります....そんな雨期の中米。


さて続き〜。


クスコではマチュピチュと打って変わっていい天気。

しかも湿度は低く、日陰は涼しく日なたは暖かく、最高の気候です。

マチュピチュから帰って来たら私はちょっと狭いな〜と思ってたカサデルインカを移動し、

そこから近くの宿に移動しました。

(まあそのあと宿に泊まらなかった事で宿のスタッフさんに怒られたのですが.....

荷物預けたら引き続き泊まらなきゃ駄目だよね。失礼しました。)


そこの宿からの眺め。いい天気〜。

ベランダでパソコンやiphonekindleなどを充電しつつ

ひなたぼっこをしながらぼーっとする午後。いいですね。


でもせっかくいい天気だから市場まで行きましょ〜とのことで

ここの宿で会ったあやちゃん(サッカー好きの看護士さん)と連れ立って

心臓破りの坂を下りて宿から徒歩15分ほどの市場へ。


でもちょいちょいマチュピチュ編のブログには書いていたのをご存知でしょうか皆さん、

私が「下痢気味だった」という事を.....。(知らんがな)


市場への道中、あやちゃんと談笑する私に突然私に下された

「トイレを探せーっ!」という腹からの指令!!!

ドルンドルンドルン!!と腹になんらかのエンジンでも埋め込んでんじゃねーか?!と

いう位の強い衝動!(笑)じんわり流れる冷や汗!!!

あやちゃんとの話も耳に入らなくなる位気もそぞろに!(笑)


あやちゃんになんもない風を装いながら

「あやちゃん、ちょっとトイレ行ってもいい?」

と顔面ヘンな色になりながら、しかしあくまで自然に、

すぐ近くにあった中華料理屋のドアを常連さんばりの流れる様な仕草で開け、

スイーーーーーーーーーーーーーー

周囲に気付かれてないんじゃないかって位の

自然すぎる動きで奥の通路のトイレまで行き、スマートに置き土産をしてきました。

(でも何故かここのトイレ真っ暗で、

中ではかなり焦りながらiphoneのライトで照らしながらことなきを得ました)

そして帰りも、会計のカウンターの前も何もなかったかのように

スイーーーーーーーーーーーーーー

横切り、外へ出てきました。


きっと店員や周りの客にも何も不自然な点を与えてない、と自信を持って言えます。

(言わんでいい)

「あれ?今神様通った...?」

位の自然さです。

まあ多分そもそも神様お腹壊さないけど。


一息ついたあとは市場散策。


市場前にいるこっちでよく見るおばちゃん。


市場の食品コーナー最高〜。

ここはデザートブース。色とりどりのゼリー!!


ここも食堂街みたいな場所。活気があるね〜。


まあ人間、お腹のものを出しちまえばゲンキンなもので、

ここでセビッチェ(海鮮と野菜などをライムや酢で和えた食べ物)を食べたんですけどね。

ここ内陸で多分あんまり新鮮じゃない海鮮な上に

下痢の時に海鮮食べるなんてなんてこったい。

でも食べたかったんだもーん!(もーんじゃない、もーんじゃ。)


ここもお茶&ケーキ、ゼリーなどの店。


果物コーナー。


パンコーナー。

クスコのパンは大きくて安くて美味しい!

左のおばちゃんは「あなた何人?名前はなんていうの?」ていうよくある一連の質問のあと

このパンを抱え「hiromi」と言ってきました。どないやねん。


市場で元気に遊ぶ子供達。


日本じゃありえない色あいのゼリー。


ここはジュースコーナー。

あやちゃんは持参のミネラルウォーターを使ってジュースを作って貰ってました。


このへんもジュースコーナー。色んな希望に応えてくれます、ジュース屋さん。


その近くが精肉店コーナー。豚ちゃん丸ごと。


市場内で寝るおばちゃん。


お祭りが近いらしく、人間の等身大人形が市場の中央に飾られています。


帰りお土産のお店見てたらまたキター!!

お腹のエンジンが強い衝動で私に訴えかけてきます!トイレを探せと!

もはや腹に乗っ取られた、我が身。

その時点ではお金を払いお土産屋さんのトイレ(有料)を借りることが出来ました。

だがあとまだひと波あった。


アルマス広場あたりまで歩いてきた所で再度ビッグウェーブが!!

必死でモタモタ歩き、目はトイレがありそうな場所を必死に探します。

その結果ロックオンされたのがKFC(かわいそう)。


夢中で駆け込み、カウンターの店員さんに

「ドンデエスタバーニョ?!(トイレはどこですかっ?!)」

とこんな自分の腹を呪いながらもなんだか笑えてしまって笑い泣きのような顔で訪ねます。

店員さんは「上!上!」と指差してくれ、私は腹をモタつかせながら店の奥へダッシュ!

しかし店は意外に広く、奥に行くと店員が5人位談笑しながらチキンを食べてたので

先ほどより更にせっぱつまった顔で

また同じ魔法の呪文「ドンデエスタバーニョ?!」を唱えると

5人揃って人差し指を上に差し「上の階!!」と教えてくれました。


階段を一段抜かしで飛び越し、二階へ上がるとあった!!トイレ!!!

すかさずトイレに飛び込み、またしても危機一髪、

ふーーーー。......ことなきを得ました.....

店内で私、マジで走っちゃってた。大人気ないけど、走っちゃってた。

目にも止まらぬ速さで、サーーーーーっと走っちゃってた。


そしてまた置き土産をすると店員にお礼を言いサーーーーーーーっと小走りで外へ。


私はもはやトイレの神様。トイレの神様はクスコにあり。

「下痢のエキスパート」という意味不明な単語まで頭に浮かんできました。

つか、エキスパートもくそもありません。ただの下痢に苦しむイチ旅行者です。

はあ。


まーそんだけ酷い目にあったら夜はおとなしくパンを食べました。

食べたら出ちゃうからお腹すくんだよね〜〜〜でも食べたら下るっていう.....

食欲あるのが救いですが。

この下痢は果たして高山病の一種か、はたまた細菌性のものか。

あ〜不安だ〜〜〜(パンを貪りながら)


まだ続きます、クスコ編。くっだらない内容ですみません。


コメント
コメントする








   

selected entries

categories

archives

recent comment

  • トゥールスレン虐殺博物館に行く
    SMOKE
  • シンガポール→マレーシア 高速豪華バスレポート
    宮内一郎
  • 走った!アンコールワットマラソン!
    情熱大育
  • チリ・アタカマ砂漠抜けツアー(三日目)
    Ryu
  • アニマルに囲まれる街〜海辺の街・アリカ〜
    るい
  • シンガポール→マレーシア 高速豪華バスレポート
    おばた
  • ゴールデン・ロックへの道〜前編〜
    ウチヤマ
  • ゴールデン・ロックへの道〜前編〜
    cmano8
  • ゴールデン・ロックへの道〜前編〜
    ウチヤマ
  • ゴールデン・ロックへの道〜後編〜
    ウチヤマ

profile

     

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM